> > ベッキーだけじゃない!「弁護士に聞いてみた」不倫の代償4つ

おすすめ記事一覧

ベッキーだけじゃない!「弁護士に聞いてみた」不倫の代償4つ

2016/02/09 18:30  by   | ニュース

世の中ベッキーだけが悪者のように扱われていますが、占い師の筆者は不倫がどのくらい多いのか知っています!

今回は、不倫をした時に遭遇しうる、相手からの慰謝料請求についてや、また逆の立場になった時に請求できる金額などを、離婚問題を始めとした家族のトラブル解決を得意とする浅野総合法律事務所、代表弁護士浅野英之先生にお聞きしてみました。

 

■1:慰謝料はいくら?

離婚の際、慰謝料の相場はどの程度なのでしょうか?

「具体的に、慰謝料の相場といっても明確な基準があるわけではなく、その夫婦の離婚の原因や、両当事者の責任の程度によって様々です。一般的に、裁判例で多いのは100万円から300万円程度の金額。

芸能人の離婚で、慰謝料が何千万とか、1億円などと報道されるのは、芸能人という特殊なケースゆえのことでしょうね。

実際には、離婚に至る経緯や、夫婦ごとの事情によって、請求できる慰謝料額は変わりますので、自分自身のケースではどうなるのか、弁護士に相談されるのが良いと思います」

 

■2:婚姻期間の長さと慰謝料

請求する慰謝料は具体的事情によって変わるとのことでしたが、婚姻期間の長短は影響するのでしょうか?

「当然ながら、婚姻の期間も慰謝料の額に影響を与える重大な要素の一つです。

一般的に、婚姻期間が長い場合のほうが、慰謝料の額は高額となる傾向にあります」

 

■3:子どもがいると慰謝料は高くなる?

子どもがいる場合と、いない場合では、慰謝料の額は異なりますか?

「夫婦間に子どもがいたかどうかも、慰謝料の額に影響を与える重大な要素の一つです。

子どもがいると、夫婦の離婚によって子どもにも精神的なダメージを与えることが多いですから、慰謝料の額は高額となる傾向にあります」

 

■4:慰謝料以外に失うものは……

「私たちは、不倫の代償というと賠償金が請求されるくらいしか考えつきませんが、他になにか請求されるものがありますか? 」

仕事上で知り合った人との不倫の場合、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されたことによって職場に不倫がばれ、社会的信用を失うというケースもあります。

 

……なるほど、結果的に仕事を失ったり、収入が減少したりする危険性もあるということですね。

不倫をするか否か選ぶのは個々人ですが、このあたりもよく考えた上で道を選択したいものですね。

 

【関連記事】
※ 女性の2倍も刺激が好き!? 「恋愛に求めるモノ」驚きの男女差

※ 女の不倫はほとんどバレない!? 驚きの不倫経験者の実態が判明

※ なんと4人に1人が…!日本のヤバすぎる「不倫事情」が調査で判明

※ 35%がお腹に…!? 男の80%が経験済みな秘密の「使い捨て」事情

※ 本音が丸わかり!男が「好意のある女子」にだけ送るLINE3つ

 

【姉妹サイト】

※ カビ臭や納豆臭がぷぅ~ん…知らずに体臭キツ子になってる悪習慣4つ

仕事がハードでも!「アラサーから出会いを引き寄せる」ハッピー習慣

 

【取材協力】

※ 浅野英之 – 浅野総合法律事務所 、代表弁護士。東京大学法学部卒業。幅広い業種に多数の顧問会社を有し、会社の法務問題をから個人の家族問題まで、豊富な解決実績を有する。著書に「『起業』を決めたら『最初』に読む本」など。オウンドメディアである「リーガルチェッカー」を運営し、より顧客満足度の高い法務支援を目指す。

 

【画像】

代表弁護士 浅野英之

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'aoiaikawa'の過去記事一覧