今日はダメェ…!デート前に「ひとりエッチしやがった」男の特徴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんもせっかく勝負パンティをはいたのに、いまいち男性が乗り気じゃなかったり、ガッついてこなかったり、逃げ腰だったりした経験はあることでしょう。

「なんでっ……!? 私、なんか臭い?」

などと心配になってしまうかと思いますが、それは違います。あなたが臭いわけではありません。

ほとんどの場合、男性側に問題アリ。

デート前に“ひとりエッチ”で出してしまったため、あなたがいくらセクシーでも、もうヤル気がおきないのです。

どうですか? この食い放題に行く前に牛丼食べてきちゃうような所行! 許せまじ。

そこで今回は、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、デート前に“ひとりエッチ”をしちゃった男性の特徴をお聞きしました。

 

■1:ボディタッチが少ない

「そもそもボディタッチをする仲でないと、これはわかりづらいかもしれませんが、“ひとりエッチ”後の男性は、もうそういう気分ではないため、おのずとボディタッチなども少なくなります。

最初のデートで、隣り合った近い席に座り、話が盛り上がっていい雰囲気なのに、ボディタッチはまるでなし。こんな場合も、もしかして……。

男性に“ボディタッチが少ないのって、ひとりエッチしちゃった後だから?”なんて聞いたら、“そんなことはねえよー!”と鼻で笑うかもしれませんが、彼は自分で気付いていないだけ。

男性は、自分自身のことについて気がついていないことが多いですよ。女性と違って」

 

■2:行動力がない

「“ひとりエッチ”の後は、そもそもいろいろなモチベーションが下がっていますので、行動力が極端に少なくなります。つまり、ノリが悪くなるわけです。

デートの途中で、“ねえ! ちょっと移動して、六本木にでも飲み行こうか!?”なんて誘っても、“え~。今から? だるいよぉ。ここでいいよぉ”というように、元気がないわけです。

ベッドに入る前から、どれだけ元気か?を確かめてみるといいですね。ヤラシイ意味の元気さではなくて」

 

■3:冷めてる

「賢者モードと言いますね。会話に注目してみてください。

情熱的な話はもちろんムリですが、心が動揺しそうな、自分の悪口などにも“まぁー、そういう風に考える人もいるんじゃないのぉ?”と、このようにやけに心が広いのです。

“器の大きな人ねっ”などと安易に思ってはいけません。

単純にデート前に“ひとりエッチ”して、なにもかもどーでもよくなっているだけかもしれないからです」

 

いかがでしたか。

デート前にそんなことするなんてっ!と思われるかもしれませんが、男性の間では、特に初デートの前などには、“遅漏防止”、“暴走防止”などの効果が見込まれるため、“ひとりエッチしとけっ!”なんてアドバイスもあるのです。

優しい目で見守ってあげてください。

 

【関連記事】

※ いやーん…エロ満開?「長続きカップル」でも発情するスイッチ2つ

※ ムラムラ〜!オトコの「惚れちゃうスイッチ」をポチっと押す方法

※ アラ…大興奮?友達なのに「突然ムラムラしちゃった」瞬間3つ

やっ…やめてよ!オトコが遊びの女にだけする「エロいテク」2つ

※ もっと…ちょうだいっ!欲望スイッチがオンになる「ムラムラ術」3つ

 

【姉妹サイト】

※ モデル級美人より!専門家が語る「高収入男性がコロッと落ちる」女性

※ 隠し通すべき?「社内恋愛を公表するリスク」と守るべきルール

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 

【画像】
Wallenrock / Shutterstock