え、こんな…違う!? 専門家に聞く「若者男子のセックスと結婚」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

そこのアナタ、彼氏は年上ですか? それとも……年下ですか?

年下で、20代の男子と付き合っている場合は、相手とのセックスや結婚観に不満や不安を抱いている方も少なくないのではないでしょうか?

いわゆる平成生まれの20代男子はゆとり世代・さとり世代といわれ、30代とは別の価値観を持っている世代と考えられています。

若者の生態に詳しいマーケティングアナリストの原田曜平さんに、以前は30代女子が20代男子と付き合う上での心得をうかがいましたが、今回は若者世代の男子が考えるセックスと結婚観について聞いてみました。

 

■性欲がないワケじゃない

若者男子は草食系とか断食系とか果てには絶食系男子が多いなんて聞きますが、本当に若者たちの性欲は減退してしまっているのでしょうか?

「確かに、最近の若者の初体験の年齢は年々上がってきており、いわゆる肉食男子は減少傾向にはあると思います。でも、性欲がないワケではないですよ。それ以外に刺激がある遊びが増えてきているからであって、セックスに対してガツガツしている若者男子もいます」

なるほど、性欲はあるけど昔よりも楽しい遊びが増えているから、セックスに関しての興味関心がくなってきている……と?

「そうですね。後はガツガツしているのがカッコよくないと思っている若者も多いです。“据え膳食わぬは男の恥”なんて言葉もありますが、動物的な性欲があるのは昔のひとっぽくて若者にとってはクールじゃないと思われていますね」

「なのですぐに手を出してこなかったり、お泊りしても行為がなかったりしても不安に思うコトはないですよ」

ガツガツし過ぎもイヤだけど、奥手過ぎてもイヤ! なんて女子のワガママなんですかね~(笑)。

 

■結婚は一生働くコトを覚悟して

恋愛・セックスときたら次は結婚(?)となるワケですが、最近の若者の結婚観とは?

「好景気とはいえない時代を生きている若者たちですから、結婚しても共働きでいたいと考える男子が多数です。その代わり、平成生まれの世代は家庭科が必修になっていますし、家事に抵抗のない男子が多いと思います」

今流行りのイクメンってヤツですね! 家事を助けてくれるのは大変ありがたいですが、専業主婦を望む場合は相手が若者男子だとなかなか難しいってワケですかね。

「そうですね“正社員でバリバリ”とまではいかなくても、一生働く覚悟はしておくほうがいいと思います。逆に考えると仕事が好きな女子にとっては良い時代だと思いますけど」

なるほど……「仕事は嫌いじゃないけど、辞めても充分暮らせるくらいの収入の旦那が欲しい~」なんて女子は少なくないと思いますが、相手が若者の場合は考え直したほうが良さそうですね。

 

一方で「最近の若者はオシャレで美容にも興味があったり、スイーツも好きだったりと女子っぽくもなってきているので、女子同士でいるような気楽さや楽しさがあるのは魅力だと思います」とのコト。

確かに昭和男子に美容の話をしてもスルーされるし、パンケーキよりも居酒屋だし、女子会トークは敬遠されますよね。

結局どの世代とお付き合いしても一長一短なのですね。

 

【関連記事】

好きなら…理解が大事?「専門家に聞く年下男子との恋愛」心得3つ

※ そ…そんなに!? ぶっちゃけ気になる「みんなの本命チョコの予算」

※ 年収100万増は当たり前?「女の前でつい見栄張っちゃう」こと3つ

※ サスガっす!男子が「この子は信用できると思う女子の行動」6つ

ちっハズレか…でも!「つまらん合コンを楽しくするテク」3選

 

【姉妹サイト】

※ モデル級美人より!専門家が語る「高収入男性がコロッと落ちる」女性

※ 隠し通すべき?「社内恋愛を公表するリスク」と守るべきルール

 

【取材協力】

※ 原田曜平・・・若者の生態に詳しいマーケティングアナリストとして活躍中。

 

【画像】
Wallenrock / Shutterstock