あぁん…何コレ!ベッドで「クレイジーになっちゃう」ヤバいテク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんもベッドで、「あぁっ! もうダメぇー」なんて、はしたなくよがってしまうこともあると思います。

そういう姿を見せられるほど愛している男性がいるって、幸せなことですよね。

でも、そんな姿を見せてはヤバイと思う相手ほど、もっと興奮してしまうから、人間の体は不思議なものです。

それはさておき、世の中にはいろいろなヤバいテクをもった男性が存在いたします。

今回は、官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに、ベッドで女性が“クレイジー”になってしまうような男性のテクニックをお聞きしました。

 

■1:背中へのソフトタッチ

「多くの男性は、おっぱいが好きですし、自分が乳首をいじくられるのが好きなので、前面を触ることに意識が集中しがちなのですが、女性が本当にクレイジーになってしまうのは、背面を攻められたとき。

両手10本の指と手のひらを巧みに使ったソフトタッチで長時間なぞられたことで、“もぅ、らめぇ~”となってしまったという女性の意見は多く聞きますよ」

 

■2:首から頭の固定

「首を締めるというプレイが、好きだという意見もよく聞きますが、結構危険な行為です。

また、本当に苦しいので、よほどの熟練じゃなければ難しいですよね。

そこで、首を締めるのではなく、格闘技のサブミッションのように、首から頭にかけて、腕や肩、手などを使って固定するというヤバい技があります。

首から上は、理性的な感覚が鋭敏に存在していますから、そこを固定され、動けない状態にされると、完全に身を委ねてしまうのです。

首から頭をおさえつけられることで、“ぁん…ぃ、ぃい~”とクレイジーになってしまいやすくなります」

 

■3:犬になりなさい

「言葉を制限されるというのも、かなりクレイジーになってしまうようです。

たとえば、“オマエは今から犬だからな。ワン!しか言っちゃだめだぞ。わかったか?”のような感じですね。

もちろん返事は“ワン!”なわけです。

そして、何をされても“ワンー! ヮン! ヮン!”しか言えない状態になり、興奮が高まると、頭で考えている思考の言葉まで、“ワン……ヮン……”としか出なくなってしまいます。

まさにクレイジーですね」

 

いかがでしたか。

みなさんのカレも特別なテクニックをもっていますでしょうか。

ストレスだらけのこの社会、ベッドの上でくらい、クレイジーになりたいですよね。

 

【関連記事】

※ もっと…ちょうだいっ!欲望スイッチがオンになる「ムラムラ術」3つ

あぁん…何コレ!もう戻れないっ「興奮させちゃう」危険な方法3つ

※ いやーん…エロッ!「発情しちゃってる」男のボディーランゲージ4つ

※ 「一目惚れ」させるには…?研究で判明した2つの重要ポイント

※ 石原さとみも有村架純も!メイクでつくれる「男ウケする」顔の特徴

 

【姉妹サイト】

※ カビ臭や納豆臭がぷぅ~ん…知らずに体臭キツ子になってる悪習慣4つ

仕事がハードでも!「アラサーから出会いを引き寄せる」ハッピー習慣

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】
NAS CRETIVES / Shutterstock