やだぁ…ダメって言ったのに!アフターピルについて知るべきこと3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

旦那様と子作りするとき以外は、セックスの時に避妊をするのは鉄則です。

ところが、「まだ排卵日まで少しあるから大丈夫」と油断したり、コンドームが破れてしまうといった予想外のハプニングが起こったりすることもあります。

さらに悪いことに、彼が中出しでもしてしまったら、「妊娠したらどうしよう……」と、生理が来るまで不安を抱えたまま過ごすことになってしまいます。

そんな事態に助けの手を差し伸べてくれるのがアフター・ピル(緊急避妊薬)ですが、あまり、アフター・ピルについて知らないという人もいるのではないでしょうか!?

そこで、海外情報サイト『BuzzFeed』に掲載された記事を参考に、“アフターピルについて知っておきたい3つのこと”をお届することにしますね!

 

■1:アフター・ピルの仕組みは!?

アフター・ピルとは、セックスの後に避妊目的で服用するホルモン剤です。

性交後72時間以内に医師に指示された量を飲めば、排卵を抑えたり受精卵の着床を妨いだりすることで、妊娠を避けられるとされています。

こうした作用で妊娠回避率が高くなるわけですが、アフター・ピルを飲んだからといって、絶対に妊娠しないとは限りません。

また、性病防止の効果はないので、アフター・ピルは最終手段と考えて、毎回セックスの度に、きちんとコンドームなどを使った避妊を心掛けるようにしましょう。

 

■2:副作用は?

アフター・ピルは女性ホルモン剤なので、たくさん飲み過ぎると副作用を起こすことがあります。

近頃のものは、昔ほど頭痛や吐き気といった副作用の心配がなくなったとのことですが、個人差があるようです。

妊娠が心配だからと、必要以上の量を摂取しないようにしましょう。

また、他の薬との併用は避け、どうしても必要ならば医師に相談してみてください。

 

■3:次の生理が不順になることも

アフター・ピルを飲んだら、体内から作り出される以上の女性ホルモンを摂取することになるので、次の生理が早く来たり遅れたりすることもあります。

もし、生理予定日よりも1週間以上生理が遅れているなら、ピルが効かずに妊娠している可能性があるので、妊娠検査薬で確認するようにしましょう。

 

性交後72時間以内に飲めば効果が期待できるので、それほど慌てなくて済むのは助かりますね。

ですが、確実な方法で避妊するに越したことはないので、“アフター・ピルはあくまで最後の手段”と覚えておきましょう。

それに、生エッチや中出ししたがる輩が増えても困るので、男性には、アフター・ピルの存在を進んで教えないほうが無難かもしれません。

 

【関連記事】

避妊だけじゃない!飲むとこんなに楽になる「ピルのすごい効果」

※ もうバレバレ!男が「こいつ処女だな」だと見抜く女性の特徴5つ

これは手軽で超便利…世界の最先端「避妊グッズ」3つ!

はいはい…そう来たか!「コンドームを嫌がる我儘男」の対処法3つ

あぁん…何コレ!もう戻れないっ「興奮させちゃう」危険な方法3つ

 

【姉妹サイト】

※ カビ臭や納豆臭がぷぅ~ん…知らずに体臭キツ子になってる悪習慣4つ

仕事がハードでも!「アラサーから出会いを引き寄せる」ハッピー習慣

 

【参考】

16 Things No One Tells You About The Morning-After Pill – BuzzFeed

 

【画像】
Anetlanda / Shutterstock