手抜き注意!男性の半数が「もらったチョコをSNSに投稿する」と判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

聖なるバレンタインが近づいて参りました。

迫る2月14日に向けて、チョコ選びに頭を悩ませるのは大いに結構ですが、チョコはあげたらゴールではありません。

受け取って、食べて、はい終わり!では許してくれないのが現代社会。

VCNC Japanがおこなった「カップルのバレンタインに関する調査」によると、どうやら多くの男性が、女性からもらったチョコをいそいそとネット上に公開し、晒してしまうというのです。

ギャー!恥ずかしい!詳しく見ていきましょう。

 

■男性の約50%がもらったチョコをSNSに投稿

同アンケートにて「もらったチョコはSNSに投稿しますか」という質問をしたところ、半数近くの男性が「SNSに投稿する!」と思っていることがわかりました。

内訳は、Twitter(31.4%)、Instagram(13.4%)、Facebook(2.7%)という結果に。

そりゃ、バレンタインは絶好の「実は結構、俺モテるんだぜ」アピールチャンスですが
そこまでバシバシアップしたい輩が多いとは意外ですよね。

どうせ彼にしか見られないものだから、と気を抜いてると、後日「あのチョコ〇〇のスーパーで500円で売ってたやつでしょ」などと第三者から指摘されて恥ずかしい思いをするかもしれません。

バレンタインは誰に見せても恥ずかしくないチョコを渡すことが賢明です。

 

■男性の43.7%はラッピングも重要視

さらに、「チョコのラッピングは重要ですか」という質問をしたところ、なんと43.7%の男性が「重要!」と回答、ラッピングにも目を光らせていることがわかりました。

SNSで投稿するから写真映えも気にするということでしょうか?

「中身で勝負!」という心意気は間違っていませんが、見てくれも勝負をかけておきましょう。

残酷ながら、チョコも女性と同じように外見で判断されてしまうようです。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

「チョコはおいしけりゃいい」と思っていた方には“知らぬが仏”だったかもしれません。

男がもらったチョコをネットに公開することを踏まえ、逆に自慢したくなるようなチョコを渡せるよう、入念に準備を進めたいですね。

 

【関連記事】

バレンタイン!「他の女」から本命チョコをもらったのか見抜くコツ3つ

チョコより効果的?米科学者が語る「カレをその気にさせる食品」とは…

私を舐めてっ!男が夢見る「バレンタインチョコのもらい方」7つ

甘すぎる~っ!ホワイトデーに「素敵なお返しをもらう方法」3つ

 

【姉妹サイト】

たった30%しかいない!? 共働き妻を満足させる「イクメン夫」の条件3つ

※ この3つで失敗なし!「スイスイ歩けて美脚も叶える」靴選びのコツ

 

【参考】

カップルのバレンタインに関する調査 – VCNC Japan

 

【画像】

LoloStock / Shutterstock