いや~ん…エッチ!シャイすぎる男子が「ついに狼になる」方法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんのまわりにも、格好はいいけどシャイすぎて、全然手を出してこない男性はいませんか?

ふたりで遊んでも、デートというより、ただのお食事……?だったり、「もう少し、何か発展させましょうよ」ってことはありますよね。

いきなり最後まで誘われても、こっちはビッチじゃないわよっと思うけれど、あまり何もないのも、「私って女として魅力ない?」と自信を失くしてしまうのがピーチな乙女心。

そこで今回は、そんな悲劇を避けるために、官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに、シャイすぎる男子を狼に変身させる方法をお聞きしました。

 

■1:「寒いよぉ……」

「冬に使える最強のテクが、これです。ザ・寒がる。

みなさん、寒がるためにはどうすればいいですか? そう。薄着をすることですね。薄着といえば? そう、露出ですね。

冬の寒い中、がんばってちょい短めのスカート、ちょい胸のあいたトップス、ちょい透け透けの生地など、ムリして似合わないセクシーをしてきたと思ったら……、“ぉ、ぉ、ぉ、さ、寒いよぉ~”。

シャイな男子ほど優しいもの。“あ、あたためてやらなくてはっ!”となること必至ですね」

 

■2:むぎゅっ

「1のテクで手をつないでくれたり、肩を抱いてくれたりしない、頑固なシャイボーイの場合は、自分から積極的にあたたまりにいく必要があります。

しかし安心してください。なんせ実際、寒いですからね。あなたも四の五の言わずにくっつけますよ。これぞまさに背水の陣ですね。

後ろからでも横からでも、彼にむぎゅっと抱きつきましょう。あるにせよないにせよ、胸をむぎゅぎゅ~と押し当てる感じで。

“あったか〜い。このままでいい?”と、相手の身体をさするといいですね。なるべく下のほうまでさすっていくと、なおいいですよ」

 

■3:「寒いからどっか入ろー」

「1や2で接触を多くしておいて、相手のムラムラ状態をMAX高めておきます。そして、“寒いからどっか入ろー”。

このときポイントとしては、あなたが本当に入りたい場所を、目でジッと見つめていることです。

もう、“ここしかないだろう!”という感じで、真っすぐ強い視線でジーッと見つめましょう。

案外簡単に、“じゃ、行こうか……”となるものです」

 

いかがでしたか?

いやあ、冬ならではのテクでしたね。

冬は恋する女性の強い味方のようです。もっともっと寒くなれっ!

 

【関連記事】

※ アラ…大興奮?友達なのに「突然ムラムラしちゃった」瞬間3つ

やっ…やめてよ!オトコが遊びの女にだけする「エロいテク」2つ

※ もっと…ちょうだいっ!欲望スイッチがオンになる「ムラムラ術」3つ

あぁん…何コレ!もう戻れないっ「興奮させちゃう」危険な方法3つ

※ いやーん…エロッ!「発情しちゃってる」男のボディーランゲージ4つ

 

【姉妹サイト】

※ バストはしぼまずお腹から痩せる!1袋100円の激安ダイエット食材とは

仕事にも影響が!? 「面倒くさい姑に変貌する」彼ママのゲスい特徴3つ

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】
Halfpoint / Shutterstock