チョコ美味しかった?油断禁物な「バレンタイン後の行動」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今年のバレンタインデー、意中の男性にチョコレートは渡せましたか?

渡すことはできたけれども、それっきりなんの反応もない……と密かに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は過去に『Menjoy!』で紹介してきた情報などを参考にしながら、バレンタインデーにチョコを渡した“その後”の行動についてみていきたいと思います。

 

■1:チョコの感想を催促しない

チョコレートを渡した側の人間は、相手の感想が気になって仕方がありませんよね。

美味しかったのか、はたまた不味かったのか、気になって夜も眠れません。

しかし、チョコの感想が気になるからと言って、彼に「どうだった?」とチョコの感想を催促してはいけません。

男性の中には“バレンタインなんて興味なし!”という人もいますし、女性からもらったチョコレートの思い出を自分の胸だけにしまっておきたいと考える男性もいます。

そもそも「どうだった!」と食い気味で聞かれると、膨らんでいた気持ちが萎えてしまいますよね。

 

■2:次に会ったとき「そういえば食べてくれた?」と聞いてみる

しかし、“どうしてもチョコレートの感想が知りたい!”という女性は、メールやLINEではなく、直接彼と会ったときに、さりげなく「そういえばチョコレート食べてくれた?」と聞いてみましょう。

この“食べてくれた?”という部分が重要で、「別に食べてなくても気にしないんだからね」というニュアンスを含ませることで、男性から「もちろん食べたよ」という感想を引き出しやすくするのです。

少し自虐的なニュアンスを含ませることで、万が一チョコレートが不味かった場合でも、彼から優しい言葉をかけてもらいやすくなります。

 

■3:ホワイトデーまで我慢!

バレンタインに渡すチョコレートには特別な意味が込められています。

男性から反応がないからと言って、それが“失恋”や“失敗”を意味しているわけではありません。

多くの男性は「チョコもらったし、ホワイトデーには何かお返ししなきゃなぁ」と考えてくれるのです。

男性が真剣にお返しを考えてくれているのに、女性から「どうだった?どうだった?」と、しつこく感想を聞かれると萎えますよね。

ここはひとつ、ぐっと我慢してホワイトデーまで様子見するのが得策だと言えます。

 

いかがでしたか?

あなたの気持ちを込めたチョコレートは男性にちゃんと届いているはずです。

そんなに焦らなくても、男性はきちんと応えてくれるはずですよ。

 

【関連記事】

※ 二人の関係が温まる!ホワイトデーにもらったらうれしいもの3つ

※ 誰かに話したくなる!衝撃の「ホワイトデーにまつわる秘密」まとめ

※ 女性から告白して大丈夫!ホワイトデーの意外な由来

※ ほしいものがもらえると思うな!期待して損するホワイトデーのお返し事情

 

【姉妹サイト】

※ カビ臭や納豆臭がぷぅ~ん…知らずに体臭キツ子になってる悪習慣4つ

仕事がハードでも!「アラサーから出会いを引き寄せる」ハッピー習慣

 

【参考】

※ 「ん…チョコ?いらね」約4割の男性がバレンタイン不要だと判明 – Menjoy!

※ 期待できる?ホワイトデー「本命にかける予算」は●千円と判明 – Menjoy!

 

【画像】

Alena Ozerova / Shutterstock