> > 水があるのに火が付いちゃう!彼との水族館デートが燃えるワケ4つ

おすすめ記事一覧

水があるのに火が付いちゃう!彼との水族館デートが燃えるワケ4つ

2016/02/27 10:30  by   | デート

「ねぇ、今度のデート水族館に行こうよ!」

もし男性とのデートで行き先に迷っているのなら、筆者は水族館をオススメします。

水槽を眺めたり、イルカやペンギンのショーを見たりと「男性にはつまらないかな?」と思われがちな水族館ですが、実は二人の仲を深めるデートには最適なスポットなのです。

今回は過去に『Menjoy!』で紹介してきたデートスポット情報などを参考にしながら、彼との水族館デートをオススメしたい理由についてみていきたいと思います。

 

■1:誘いに応じやすい

基本的に男性は子どもっぽいので、動物や魚、虫や恐竜が好きなまま大人になっています。

したがって、女性から「水族館行こうよ!」と誘われたたら、むしろ喜んで参加してくれるはずなのです。子どもの頃、図鑑で夢中になった魚がいっぱいいる水族館。

むしろ男性のほうが水族館デートを楽しみにしてくれるかもしれません。

 

■2:水槽を眺めながら接近できる

水族館の水槽には小さなものも多く、中にいる生き物を見ようとすれば必然的に二人で一つの小さな窓を覗き込まないといけなくなるようなシュチュエーションも少なくありません。

“身体の距離は心の距離”ですから、顔を突き合わせ、身体を寄せ合うことで自然と二人の距離は縮まります。

 

■3:展示があるので薄暗い

海の底、水深が深くなればなるほど、太陽の光は届かなくなります。それ故、深いところに生息している生物の展示場は薄暗くなっています。

男性は単純なので、女性と二人、薄暗い空間にいるだけでエッチな気分になってしまい。あなたのことを女性として強く意識するようになります。

薄暗いスポットで一度興奮してしまった男性は、明るい場所に移動してもあなたのことが欲しくてたまらなくなる……なんてこともあるのです。

 

■4:ちょっと怖いので吊り橋効果

お互いにドキドキを共有することで、そのドキドキ感を恋愛と勘違いしてしまう“吊り橋効果”。

水族館の大水槽などは、海の底を歩くかのように設計されていたり、大きくて怖い魚が泳いでいたりと、水族館には少し怖い面もありますよね。

つまり、そんなちょっとした恐怖のドキドキが、“吊り橋効果”によって、恋のドキドキに変わるかもしれません。

男性が「この水槽、割れたら溺れちゃうよね」なんて発言をしたら、「そうだね、死んじゃうね」と恐怖を煽ってあげましょう。彼はもっとドキドキするはずです。

でも、大丈夫。水族館の水槽は割れません。

 

いかがでしたか?

水は人間の本能に何かを訴えかけるのか、海や池など水のあるスポットは心が落ち着きますよね。

普段の喧騒を忘れて、水族館でのんびりと過ごす……。

水族館デートには様々なメリットがあると言えそうですね!

 

【関連記事】

心の中は女のコ?「オトコが実は行きたいデートスポット」3つ

※ 低コストで大満足!? お金がなくても楽しめるデートスポット3つ

※ 結構当たってる!? 男が選ぶ4つのデートスポットで性格判断

※ 好意のサイン!オトコが「本命しか誘わない」デートスポット3つ

 

【姉妹サイト】

※ 筋肉つけるなら運動の何分以内?目的別「ヨーグルト摂取タイミング」

※ まさか私も…!? 「不倫相手として狙われやすい」職場でのNG行動4つ

 

【参考】

※ やっぱメシより下心!「いい店やれる店」に見る男のレストラン選択基準4つ – Menjoy!

※ デートで喧嘩に…?男女で違う「行きたい・ヤリたい」の攻略法3つ – Menjoy!

 

【画像】
wavebreakmedia / Shutterstock

 

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'fumihira'の過去記事一覧