その一言でバレバレ!会話の中で「童貞男子がよく言うセリフ」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

草食化や晩婚化が進むこの時代、処女や童貞なんて恥ずかしいことではありませんよね。

しかし、自分に性体験がないことを気にして、それをひた隠している男性というのも少なくありません。

そこで今回は過去に『Menjoy!』で紹介してきた情報などを交えながら、“童貞男子”が言いがちな会話の中のセリフについてみていきたいと思います。

 

■1:「オレ、下ネタ苦手だから」

童貞であることを隠したがる男性は、自分の性体験を隠したがります。

童貞男子はエッチなどを実際に体験したことがないので、性的な話題について知識しか持っておらず“本当に正しいのかどうかわからない”という状態に置かれているのです。

それ故に、間違ったことを言って童貞だということがバレてはいけないので“下ネタNG”という、防御方法をとるのです。

 

■2:「あんまり経験ないけど」

しかし、童貞男子といえども性欲はありますし、エッチな話題も楽しみたいのです。

そこで下ネタトークの冒頭に一言、「あんまり経験ないけど」と言って予防線を張り、自分の経験のなさを隠そうと試みます。

こう言っておけば、誤った知識を披露したりした場合でも被害は少ないですし、童貞だということがバレません。体験済みのフリをする童貞は必ずこう言います。

 

■3:「たぶん上手いよ」

猥談を楽しんでいると、“エッチが上手か下手か”という話題になることがありますよね。

そこで経験済みの人は、正直に告白することができますが、童貞はやったことがないので何とも言えません。そんなときに童貞のプライドを傷つけることなく、トークを盛り上げることのできるセリフとして「たぶん上手いよ」というフレーズがあります。

「たぶん上手いよ」というセリフは、“未経験だけど自分は上手だと思う”という意味と、“他の男と比べたことがないけど上手だと思う”という二つのニュアンスが含まれていますから、会話の流れ次第では後者の意味に捉えられ、嘘をつかずに会話を流すことができるのです。

 

いかがでしたか?

童貞男子は話をしていれば雰囲気で何となくわかるものです。しかし、男性は童貞であることを気にしているかもしれませんから、安易にその話題に踏み込んではいけませんよ。

「もしかしてこの人……」と思っても、触れないでおいてあげましょう。

 

【関連記事】

※ あまりにも悲しすぎる…童貞たちの痛い発言8パターン

※ そんな場所にいたの!? 「エッチ男子」が潜んでいる危ない場所3つ

※ ピンクが鉄板でモテる理由は?「男性を刺激する」風水色科学3つ

※ 男の6割は処女好き!「処女っぽいテク」で男を陥落させる方法とは

 

【姉妹サイト】

※ 朝の11分で寿命が2年延びる!? 老化防止の「通勤ウォーキング」習慣

※ え…歯ブラシは濡らすのNG!? 歯科医の90%がやってるデンタルケア

 

【参考】

※ え…!童貞男子が「下ネタトークに入れず」思わず言うセリフ4つ – Menjoy!

※ 笑っちゃダメ!童貞男子が「アレの前に言いそうなセリフ」4つ – Menjoy!

 

【画像】

By stux