ヤダ大興奮?「コイツはないな…」と思われてる男子を誘うテク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんは、男子から冷たく突き放された経験はありますか? 「イイ奴だけど、友達としてしか見れないかなー……」なんて思われていたら、女としてツライですよね。

ですが、あきらめないでください。人の気持ちは変わるもの。もし、今、「コイツは女としてないな!」と思われているような最低の状況でも、逆転のチャンスはあるのです。

今回は官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに、アウト・オブ・眼中にされている男子すら誘惑してしまうテクをお聞きしました。

 

■1:お兄ちゃんだと思う

「だいたい、相手が冷たい場合、力関係がもう決まってしまっています。

どんなにがんばっても、相手はなるべくあなたを近寄らせないようにするので、そのピリピリ感が、あなたを緊張させてしまうのですね。

こんなときは、その力関係に逆らってもダメ。相手が上、そう、お兄ちゃんのように思って、緊張しないようにするといいでしょう。

お兄ちゃん相手だったら、相手が上で、“あっち行けよ”って態度をとってきても、自然に“なんでよー。ねぇねぇ! 聞いてっ”と振る舞うことができますよね」

 

■2:相談する

「相手をお兄ちゃんだと思って接するようにすれば、少しは仲良く話せるようになってきます。相手も拒絶の姿勢を解くからです。そうしたら、今度は、相手を頼りましょう。

たとえば、恋や仕事の相談をしてみる。相手が頑なだったときは、そういった話をするのも難しいでしょうが、今なら大丈夫です。

この相談は、面と向かって話さなくても、LINEでもいいですよ。とにかく頼ることが大事です。頼って、ちょっとでもいいのでアドバイスをもらいましょう。

このプロセスが重要です」

 

■3:お願いする

「今度は、また相談名目でもいいですが、一緒に食事に行ったり、飲みに行ったりすることをお願いしてみましょう。

一度、相談でアドバイスをして、“世話してあげる”立場になっている相手は、その自己イメージから、なかなか断れないはずです。

そう、あなたのお願いごとは、なかなか断れなくなっているのですね。ここまでくれば、勝利は近いです。

最初の誘いで予定が合わなくても、何度かチャレンジしてください。ふたりで飲みに行けたら、こちらのもの。“もっと一緒にいてほしい……”とか、そういう甘えもきいてきます。

飲みの席やデートでの、具体的な誘い方は、『Menjoy!』で過去にたくさんお話しているので、ぜひ参考にしてくださるといいですね」

 

いかがでしたか。

一気に攻め込むのではなく、徐々に関係を築いていく必要がありそうですが、やればできそうですね。

もし、落としたいけど届かなそうな男性がいるのならば、ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

※ アラ…大興奮?友達なのに「突然ムラムラしちゃった」瞬間3つ

やっ…やめてよ!オトコが遊びの女にだけする「エロいテク」2つ

※ もっと…ちょうだいっ!欲望スイッチがオンになる「ムラムラ術」3つ

あぁん…何コレ!もう戻れないっ「興奮させちゃう」危険な方法3つ

※ いやーん…エロッ!「発情しちゃってる」男のボディーランゲージ4つ

 

【姉妹サイト】

※ 筋肉つけるなら運動の何分以内?目的別「ヨーグルト摂取タイミング」

※ まさか私も…!? 「不倫相手として狙われやすい」職場でのNG行動4つ

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。