そのうち大激怒!男子が実は嫌がっている「女子っぽい会話」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんも仲のよくなった男子と、いろいろとお話をすると思います。

会話のうまい男子、気の合う男子……、恋に発展するかなと思いつつ、楽しくおしゃべり。

時間がたつのも忘れちゃいそう!

ですが、本当に恋に発展させたいのならば要注意。いくら気が合うとはいえ、男子は女子とは違うのです。

あなたが当たり前のように話している内容が、男子にとってはガマンしていて、そのうち、「もういい加減にしろー!」とプッツン大激怒してしまうような内容かも。

そこで今回は、池袋・渋谷・新橋にて、「実は女子のこういう会話は頭にくるという会話を教えてください」と街頭アンケートに行ってきました。

 

■1:悪口言ってるくせに……

「女子って、超絶悪口言ってる友達(?)とも普通に仲良くしますよね。ビックリですよ。は? さっき、あんなに悪口言ってたのはなんなの?って思いますね。で、こっちがちょっとその悪口を本人に言うと、なぜか怒る。なんなんすか?」(32歳/内装工)

「陰で悪口言いまくっている人と仲良くやっている姿を見ると引きますね。こっちはそんな気持ちの切り替えできないですから、仲良くやるんだったら、悪口言ってこないでほしいですよ」(26歳/販売店員)

悪口言うなら本人に言えよ!と思う男子と、本人に言うわけないでしょ?という女子。

永遠にわかりあえないですね。

 

■2:質問の意味がない

「“部屋汚くない?”とか、“お風呂、そろそろ掃除したほうがいいかな?”とか聞いてくるんだけど、結局、“やって!”という意味。めんどくさい。

“部屋を片付けよう”とか、“お風呂掃除して”とか、ストレートに言ってほしいぜ」(32歳/板金工)

「“お肉とお魚どちがいい~?”、“肉ー!”と答えたのに、出てきた料理が“アジの開き”。肉って言ったんですけど! そんなのばっかり。聞かれてる意味全然ないよ(笑)」(35歳/営業)

何かわかってもらいたいがための質問は、男性にはまどろっこしいようですね。

お肉とお魚の話は、筆者にも質問の真意がよくわかりませんが(笑)、自分がお魚食べたくなっちゃったんですかねえ。

 

■3:決めるつもりがない

「仕事や人生のいろいろな相談。悩みを聞いてもらいたいだけ……とはよく聞きますけど、やっぱり“こうしたらいいんじゃない?”って解決策は考えちゃいますよね。男子として。

で、ロジカルに絶対にこうするしか方法はないな、うん!という提案しても、“でもな~……”でしょ? もう、話す意味ないですよね。女子はただ聞いてほしいって、男子は解決したいんだから。女子に合わせる必要もないでしょ?」(39歳/経営コンサルタント)

女子はただ聞いてほしいだけ……。それがわからない男子がダメ扱いされることも多いですが、「男子は解決したいんだっ!」という部分、その権利を主張されると、会話を男子に合わせることも時には必要な気がしますね。

というより、したら男子にモテそうですね。

 

いかがでしたか? 男子と女子のコミュニケーションのやり方は、どうしても違ってきます。

極端にならず、合わせたり、合わせてもらったり、バランスをとって付き合うのがうまくやるコツかもしれません。

 

【関連記事】

※ いやーん…エロ満開?「長続きカップル」でも発情するスイッチ2つ

※ ムラムラ〜!オトコの「惚れちゃうスイッチ」をポチっと押す方法

※ アラ…大興奮?友達なのに「突然ムラムラしちゃった」瞬間3つ

やっ…やめてよ!オトコが遊びの女にだけする「エロいテク」2つ

※ もっと…ちょうだいっ!欲望スイッチがオンになる「ムラムラ術」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 筋肉つけるなら運動の何分以内?目的別「ヨーグルト摂取タイミング」

※ まさか私も…!? 「不倫相手として狙われやすい」職場でのNG行動4つ

 

【画像】
Nejron Photo / Shutterstock