「がっついてるなぁ…」婚活女子に対する世間の正直なホンネ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

“婚活”ってコトバは、かなり一般化しているというか、もはや“死語”って感じている女子もいるかもしれません。

「私、婚活しなきゃ~」なーんて女子会で盛り上がったのは数年前で、今は“婚活女子”などと耳にするたびに「けっ。なにが“女子”よっ……」って、心の中で毒づいている女性もいそうですね。

実際のところ、“婚活”っていうワードは、今のご時世においてどんな位置付けになっているのでしょうか。

今回は、総合恋愛情報サイト『愛カツ(あいかつ)』が、210件の回答を得たリサーチ結果をもとに、“婚活”に抱くヤバいけど赤裸々なホンネのトップ3をお伝えします。

 

■2位:真剣で偉い

「“婚活”という言葉に対してのイメージは?」との質問に、21%が選択し2位になっていたひとつめは、「真剣にがんばっている」でした。

「私、婚活してるんだぁ」という女友達を前にして、「マジメにやってて偉いわぁ」って感心しているひともいることと思います。

“婚活”は言わずもがな“結婚への活動”という意味。文字どおりに受け止め、ポジティブな印象を抱いているひとはおよそ5人に1人いるようです。

 

■同率2位:引け目を感じちゃう

そして、同じく21%が選び同率で2位になっていたのは「ちょっと引け目を感じる」です。

実際には隠れて婚活していても、焦っていると思われたくなくて、人前では涼しい顔をして黙っている女子もいそう。

婚活を始めてから順調にゴールインできれば本望ですけれども、現実にはそううまくいかないケースもありますよね。

 

■1位:がっつき

続いて、同質問に対してもっとも多かった回答は、28%が選んだ「がっついている」という結果に……。

2位の二つ目にあった「ちょっと引け目を感じる」と同様に、ネガティブなイメージを抱いているひとも多いよう。

「婚活しているの!」と聞けば、「うわぁ。がっついてるわぁ」と毒づいている女子が3人に1人という結果です。

“婚活”ってコトバをポジティブに使っているつもりでも、周囲からは意外とネガティブな感想を持たれているのが実態かも。

 

いかがですか?

番外編として、「はずかしい」が16%で4位でした。「ちょっと引け目を感じる」「がっついている」を加えると、ネガティブなイメージを抱くひとは65%にも達してしまうんです。

“絶賛婚活中”だとしても、声高に叫ばないほうがいいのかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ なんと過半数が!男に「本気で選ばれる女性」が兼ね備える条件3つ

※ 既婚女子の3人に1人が満足!結婚後「愛」以外の超〜嬉しいコト

※ だって体力使うし面倒で時間掛かるし…!? 結婚後に男が「イヤがる」事情

※ 密室の「ぬくぬくタイム」を熱望するオトコの涙ぐましい努力事情

※ 私のドコが悪いの!? 結婚できない理由1位は…「相手のせい」

 

【姉妹サイト】

2位土屋アンナより「何度結婚しても離婚しそう」な女性芸能人1位は?

「社内恋愛の盛んな会社」1位はアノ企業!その恋で注意すべきこと

 

【参考】

婚活意識調査結果 – 愛カツ(あいかつ)

 

【画像】
coka / Shutterstock