脳がオルガズムを!? 年とったカレを「なんとか元気にさせる」方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

性に目覚める思春期を通り過ぎ、10代半ばから20代前半が、男の性欲が最も旺盛な時期だと言えるでしょう。

若い時は1回イった後に、すぐにセカンド・ラウンドに進めていたのが、30代、40代となるとそうもいきません。そして、セックスでイク時の絶頂感も、年をとるごとに変化しているというのです。

一体なぜ変化するのか、どのように感じ方が変わるのか気になりますよね。

そこで、海外男性向け健康サイト『Men’s Health』に掲載された記事をもとに、その辺りの真相に迫ってみたいと思います!

 

■脳がオルガズムをつかさどっている!

男が性欲真っ盛りの10代半ばから20代前半は、青春真っ只中ということもあり、社会人ほど悩みを抱えていないと言えます。

人間がセックスで絶頂感=オルガズムを感じる時は、脳が大きく関係しているとのことで、悩みや心配事が少ないほどセックスに集中できるため、より大きな快感を得られるのだとか。

なので、比較的気楽な生活を送っていられる若い頃は、純粋にセックスを楽しんで、より強いオルガズムでイケるということです。

ところが、社会人になって結婚でもしたら、仕事や家庭のことでいっぱいいっぱいに……そうなると、セックスの最中も悩み事で気がそがれてしまい、強い快感が得られずに終わってしまうのです。

 

■同じパートナーとのセックスでは、強いオルガズムを得られない

そして若い頃は、いろんな相手を取っかえ引っかえしているので、エッチに新鮮さがあります。新しい相手だとトキメキも強いだけに、興奮度がアップして早くイケてしまいます。

しかし、年をとるにつれて、安定した恋愛で決まった相手とエッチをするようになると、なかなか絶頂に達せないうえ、快感度も減少してしまうというわけです。

 

■パートナーのためにできることは?

加齢による体機能の変化は仕方ないにしても、心理的なパートナーの悩みを軽減してあげる、セックスに新鮮さを演出してみるなど、女性ができることもたくさんあります。

しっかりパートナーとコミュニケーションをとって、相手の相談に乗ったり、女としての魅力を失わないよう容姿に気を遣ったり、できることをしてみましょう。

また、セックスする場所に変化をつける、違った体位を試してみるなど、努力を惜しまないことも大切ですね。

 

いかがでしたか?

男がエッチで感じる快感が少なくなったら、パートナーと親密になることに興味を失って、それがセックスレスの原因になる可能性もあります。

そんな事態を招かないためにも、ぜひ、パートナーのベッドでの反応に気を配ってみてくださいね!

 

【関連記事】

え、こんな…違う!? 専門家に聞く「若者男子のセックスと結婚」

※ サスガっす!男子が「この子は信用できると思う女子の行動」6つ

もう刺激強すぎ~…!早漏男子が避けるべきセックスの体位3選

「オーラルセックス」されるのが苦手な女子へのアドバイス3つ

で…電池みたい!? 「女性器ってどんな味がするの」男の意見5連発

 

【姉妹サイト】

※ 中村アンがお手本!「笑顔の使い分け」で全方位愛され女子になれる

※ 親しき夫婦仲でも!離婚に直結「夫に言ってはいけない」NGセリフ3つ

 

【参考】

How Your Orgasms Change as You Get Older – Men’s Health

 

【画像】
Piotr Marcinski / Shutterstock