> > 周りの声なんて聞こえない!? 「不倫」がやめられない心理とは

おすすめ記事一覧

周りの声なんて聞こえない!? 「不倫」がやめられない心理とは

2016/03/18 20:30  by   | カップル

ゲス川谷さんとベッキーさんにはじまり、桂文枝さん、そして石井竜也さん。2016年に入ってから、“不倫”騒動が続いていますよね。

現在の日本社会は、恋愛の排他性規範が強く存在するため、法律的にも道義的にも、恋人や結婚相手といった特定のパートナー以外と関係をもつことを、よしとされていません。

もちろん、世のなかには「好きになったら仕方がない」という意見もあるでしょう。ですが、仕方がないという言葉には、「悪いことだとは知っているけども……」という前置きがあるわけです。

どうしてひとは、悪いことだと知っていても、不倫をやめることができないのでしょうか。

今回は、その理由について考えてみたいと思います。

 

■不倫の関係

一口に不倫といっても、そこにはいろいろな関係性が存在します。

不倫関係は、大きく分けて2つのパターンになります。

1つは、自分に恋人がいることや結婚していることを隠している場合。これは、完全に騙す・騙されたという関係で、相手に恋人がいることや結婚をしていることを知らなければ、独身だと思っているわけですから、騙されたほうに罪はないでしょう。

もう一方は、相手に恋人がいることや結婚していることを知っていながら、関係をもつ場合。

この場合には、さらに2つに別れていきます。

1つは、相手が今のパートナーと上手くいっていないから別れる予定だと告げている場合。よく不倫ドラマなんかで見かける、シチュエーションです。ゲス川谷さんとベッキーさんは、このケース。

もう1つは、相手に今のパートナーと別れる気がない場合。これも、会社の上司と部下といったシチュエーションで、ドラマでよく見かけますよね。これは、桂文枝さんのケースです。

 

■不倫を続ける心理状態

では、実際に不倫をしている最中の心理状態を考えてみましょう。

ここには、選択的接触という心理効果が影響しています。

選択的接触とは、都合のいい情報だけをみて、都合の悪い情報を無視すること。

「今のパートナーとは上手くいっていない」「本当に愛しているのは君だけなんだ」という、甘い言葉だけを受け止めてしまい、いつかは一緒になれるんだと淡い期待を抱いてしまいます。

不倫はダメだ、不倫することでこんなデメリットがある、という周囲からの助言は、一切耳に入らなくなるわけです。

そして、自分に都合のいい情報を、自分に都合のいいように解釈してしまうんです。

 

当事者になると、不倫はダメだという言葉よりも、好きになったら仕方がないという言葉しか、聞こえなくなってしまうんですね。

あなたも知らず知らずのうちに、制止の声が聞こえなくなって、不倫の恋に溺れてしまう……なんてことにならないよう、お気をつけて。

 

【関連記事】

※ ついにわかったぞ!彼が「おもわずハグ」してくる本当の理由とは

※ 絶対9センチのヒールを履くべし!男にモテる「ハイヒール」の秘密

※ 恋愛ゲーム?「浮気してしまう男性は半数」その仕方ない理由2つ

※ シブヤ的群衆行動は「かならず」モテる!そこに隠された心理とは

※ なんでバレた!? 不倫が発覚する「4つの黄金パターン」研究で判明

 

【姉妹サイト】

いい男だらけ!? 「出会いが多そうな業界」2位サービス業1位は…

気づいて!働き女子がやりがち「彼のプライドを傷つける」セリフ3つ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧