オーラルじゃなくて?オーラ占いで「気になるオトコの落とし方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

人のオーラには何種類かの色パターンがあるのをご存知ですか?

オーラは大きく分けて、4種類の色パターンを持っています。これを示しているのが、地水火風4つの“エレメント”で、彼の生まれた星座から、彼のパターンを知ることができます。

今回は、催眠占い師の筆者が、このオーラの色、そして色ごとの“落とし方”を伝授致します。

 

■地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)

地の星座が持っているのは“緑”パターンのオーラです。

緑系のオーラを持つ人の性格はとっても控えめ! 何か言いたいことがあっても堂々と言うことができませんが、これは「もしホンネを言って嫌われたら……」という、ちょっと臆病で、高いプライドを持っているということでもあります。

こんな男性を落とすには、「言わなくても分かってるよ……」という理解者の姿勢を示すこと。

「本当はこうなんだよね?」「頑張りすぎてない?」など、気遣いをみせてあげると、自分のことをわかってくれる……と安心して心を許してくれます。

 

■水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

水の星座が持っているのは“青”パターンのオーラです。

青系のオーラの人は、水そのもののように流動的で、つかみどころのない印象を与えます。時には本人にも自分のことが分からず、しかもそれを問題視していません。

反対に、理解しているような態度をみせるとイラッとされて、「お前に何がわかるんだよ」と思われてしまうことも。勘もするどいので、お世辞も本心でないことを見抜き、厳しい態度で応じます。

このタイプの相手には、静かに側にいるのが一番。そして、「これ、やっといたよ」なんてサラっとサポートしてあげると、がっちり心を掴むことができます。

 

■火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)

火の星座が持っているのは“赤”パターンのオーラです。

赤系オーラの人は、頑張り屋さんの走り屋さん。自分が常にフル稼働しているせいか、異性にはいつも帰る家でいてほしい、という癒やしを求めています。

彼が赤オーラなら、青オーラとは反対に、お世辞を使ってでも褒めたおして、良い気分にさせるのが早道。

乗せられやすいこともあり、「やった! 彼女俺のこと気に入ってる」とすっかり惚れてしまいます。

 

■風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)

風の星座が持っているのは“白”のパターンです。

白オーラの人は、興味の対象をころころと変えて、容易に何色にでも染まるのが特徴。でも基盤は白なので、何色に染まろうと最後は白に戻ってきます。白紙に戻り、また別の色を楽しみに向かうのです。

そして、この変化についていけない“重たい異性”は、お荷物として切り捨てられてしまいます。彼がどの方向に興味を持ったとしても、それに対して批判せず自分も共に楽しむと、「わかってくれる女」として気に入られます。

 

いかがでしたか?

色にはそれぞれの性質というものがあります。彼のオーラ色パターンを知って、相手に合ったアプローチをしてみましょうね。

 

【関連記事】

※ トイレでアレを!? 女性が「バッグに忍ばせておくべきもの」4つ

※ アアッ…イイっ!98%の男性が「女性に握られたい部分」とは

※ もうバレバレ!男が「こいつ処女だな」だと見抜く女性の特徴5つ

※ えっソッチ!? 男性がつい見ちゃう「意外な」女性の顔パーツが判明

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

 

【姉妹サイト】

恋愛中の女性が占いにハマりすぎる理由

3位は水で紅茶は圏外!? 彼が「オフィスで飲んでるもの」トップ3

 

【画像】
Victoria Andreas / Shutterstock