今のシーズンは注意!うっかり言いがちな「逆セクハラワード」4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3月、4月は出会いのシーズン。

「さぁ男狩りだ!」と春の訪れを今か今かと待ちわびた人も多いのではないでしょうか。

そんな鼻息荒くなるシーズンにこそ気をつけたいのが“逆セクハラ”。飲み会で酔っぱらって、パーッと盛り上がっている時にこそ、期せずしてイエローカードは出やすいもの。

自分は女だから!と安心している人は気を引き締めたいところです。

今回は春の訪れを喜ぶ前に気をつけたい、女性が調子に乗って言いがちな逆セクハラワードを『Menjoy!』の過去記事を参考にご紹介します。

 

■1:彼女いるの?

いいな!と思う男性がいたら、当然聞いておきたい彼女の有無。

しかし、相手からプライバシーにかかわる情報を聞き出す時には少しだけ注意が必要です。

相手に「いや、それはプライベートなんで……」と言われたら、それ以上突っ込むのはやめるべき。彼が嫌がっているのに無理やり聞き出すのは逆セクハラにあたります。

 

■2:男らしくない!

かわいい後輩くんに冗談のつもりで「男らしくないな~」と一言。

性別を理由にした発言はセクハラにあたる可能性が高いので、むやみやたらと使うべきではありません。

女のくせに!と言われたら憤慨するのと一緒。草食系、肉食系などとくくってしつこくからかうのも、相手が嫌がっていたらセクハラ認定まっしぐらです。

 

■3:童貞っぽいね!

仲良くなった証と言わんばかりに「童貞っぽいよね~キャハハハ」と言って笑いを取ろうとする女性。

飲みの席ならおもしろ話で済まされそうなものですが、逆を考えれば完全なるセクハラ。「処女っぽいね!」と男性上司から言われることと同等です。

お近づきの印に童貞疑惑をぶっこむのはやめておきましょう。

 

■4:チューしてよ!

一昔前、橋本聖子議員が高橋大輔選手にキスを強要したことが話題になりましたが、女性から男性へのスキンシップはセクハラになりかねません。

特に、嫌がっている相手にキスを迫るのは明らかにアウト。どんな男も喜んであなたのキスを受け入れると思っていてはいけません。特に立場上、上下関係が生じている場合は自分のポジションをしっかり自覚しておくこと。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

春だ! 出会いだ!と調子に乗ってグイグイいってると、いつか逆セクハラ魔になってしまうかもしれません。

相手が嫌がっていたらすべてセクハラになると思って、独りよがりな行動は慎みましょうね。

 

【関連記事】

※ ヤバッ…知らずにしてた!「逆セクハラ認定」される女の言動5つ

※ ヘタすると訴えられちゃう!女性が知っておくべき「逆セクハラ」なNG行動4つ

※ レベル1で股間にタッチ?「職場の男性を誘った手口」レベル5まで

※ ルックス関係なし!男が職場で思わず恋に落ちちゃう瞬間5つ

※ キメれば彼もイチコロ!? ちょっぴり勇気のいる「誘惑テク」5つ

 

【姉妹サイト】

2個以上はヤバイ!20代でもなる現代病「スマホ老眼」診断テスト

仕事しながらヤセる!? 「オフィスで脂肪がガンガン燃える」裏ワザ3つ

 

【画像】
Joana Lopes / Shutterstock