俺としたことが…!「ヤバ顔女子」にムラムラしちゃった瞬間3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんは「男子は結局、美人が好きなんでしょ」と思ってるのはないでしょうか。

確かに美人は好きですが、こと欲情となると話は別。

自分でも、「な……俺としたことが!」というレベルで、顔面偏差値の低い女性にムラムラしてしまうこともあるのです。

今回は、池袋・上野・秋葉原にて「不覚にも“おブス”な女子にムラムラしてしまったことってありますか?」と街頭インタビューしてきました。

 

■1:寝てるときに……

「居酒屋で知り合ったヤバ顔のお姉さんたちが帰れないというので、酔いも手伝って、心良く泊めてあげたのが、運のつき……。

泥酔して、みんなで雑魚寝してたんですが、気が付いたら、下半身がなんか気持ちいい。

ハァハァしながら、よく確認すると、ヤバ顔のお姉さんAが僕の大事な部分を握ってて。“どう? 続ける?”みたいにドヤ顏してきたんです」(27歳/営業)

-それで、どうしたんですか?

「すみません。ムカついたんですが、ムラムラしちゃったんで、お世話になりました」

 

■2:三角ゾーンが

「朝っぱらから駅に向かう途中、タイトなミニスカートの女性が何かを拾おうとして、かがんだ瞬間、三角ゾーンが出現。

“おぉっ!”となり、大興奮しながら、チロっと横目で顔を確認するわけですよ。残念ながら推定63歳のほぼ老婆でしたね。いまどきタイトなミニスカートなんておかしいと思ったんですよ!」(35歳/営業)

-後ろからわからなかったんですね?

「ミニスカート補正がかかっちゃってました」

 

■3:夢で大興奮

「まったく、まったくナシのB子ちゃんって知り合いがいるのですが、なんと彼女と、Hなことをしている夢を見てしまいまして……残念なことに、やたらと気持ちよかったんです。不覚にもほどがありますね」(27歳/営業)

-その後、B子ちゃんを見る目が変わりましたか?

「いや、直視できなかったですね。感じてる顔とか覚えていますよ……。忘れたい」

 

いかがでしたか。男子は、おブス相手に不覚をとってしまうことも多いようです。

敵じゃないと油断しているあのコが、明日はライバルになるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

好きです…付き合ってください!告白で「絶対にフラれない」方法

いやん…忘れられない!元カレに教えられちゃった「ヤバH」3つ

「彼女じゃないけどエッチしてる女性」に対する男子のホンネ3つ

犯罪でしょ? 肉食すぎる肉食男子の「本当にあったエロ行為」4つ

まてまてっ!男子が「付き合ってないのに」Hしようとする理由4つ

 

【姉妹サイト】

桐谷美玲に学ぶ!男がメロメロになる「精神年齢65歳女子」が魅力的すぎ

時間のムダ!いつまでも結婚に至らない「厄介な独身男」の見分け方

 

【画像】
katalinks / Shutterstock