> > 返事くるけど…!男が本命じゃない女性にやる「LINEテク」3つ

おすすめ記事一覧

返事くるけど…!男が本命じゃない女性にやる「LINEテク」3つ

2016/03/16 10:00  by   | 男性心理

「好意を寄せられているけど、ぜんぜんタイプじゃない!」

そんな異性に言い寄られたら、できるだけ穏便にNOを突きつけますよね。それは男性も同じです。できれば女性には嫌われたくありません。

しかし、イマドキはLINEというツールがありますから、いつでも気軽にやり取りができるようになっています。しつこくメッセージが来るからといって、相手のことをブロックするのは避けたいと思うのは男女共通です。

そこで今回はこれまでに『Menjoy!』で紹介してきた情報などを交えながら、男性が“本命じゃない女性につかうLINEテク”についてみていきたいと思います。

 

■1:微妙なスタンプを送る

これ以上会話を続けたくない女性とのLINEを穏便に終わらせるため、男性は微妙なスタンプを送るというテクニックを使うことがあります。

送られてきても反応に困ってしまうようなスタンプを送り付けて、女性の口を塞いでしまうのです。

こうすれば言葉のメッセージを送らなくても、一応“返事した”ということになりますし、女性が反応に困って、会話が途切れればそれでOKなのです。

 

■2:既読をつけるのは朝になってから

“寝たふり”というのも男がよく使うLINEテクです。「既読をつけてから長時間返事しないと感じが悪いかなぁ」と考える男性は、LINEの通知が来ても放置して、とりあえず“今日はもう寝た”ことにするのです。

そして翌朝、メッセージに既読をつけてから、「オレ、今から仕事だから」と勝手に言い訳をしてメッセージに返事をしない……なんてことがありえます。

女性のほうからは「仕事の前にメッセージを見て、そのまま返事を忘れたのかな」という風に見えますから、穏便にやり取りを“切る”ことができるのです。

 

■3:だんだん短文になる

相手の女性を気遣いながらフェードアウト。その際に男性は“だんだん文章を減らす”というテクニックを使います。

最初はそこそこの文章を送ってきていたのに、だんだんと短文になり、いつの間にか既読スルー。そんなことがあればその男性は“脈ナシ”なのかもしれません。

返事に“ただの相槌”が多くなってきたら、注意が必要です。

 

いかがでしたか?

もちろんこれらの傾向が見られるからと言って、必ず“脈ナシ”になるとは限りません。

こういった傾向が見られたら、こちらから一歩引いてみましょう。

もし本当に好かれていない傾向にあるのならば、メッセージを送り続けると裏目に出てしまうことがあります。一時撤退というのも立派な恋愛テクニックですよ。

 

【関連記事】

※ やべー間違ってた!彼のLINE返信が遅いときの「正しい」対応

※ 質よりスピードが命!男性へのLINEは短文のほうが良いわけ3つ

※ 彼の読みたくなる心理を刺激!既読スルーを防ぐLINEテク3つ

※ 究極のシンプル!絶対に彼が返事をくれる「一言LINE」3つ

 

【姉妹サイト】

やせた自分を想像するだけ!我慢なしに体重減「自己催眠ダイエット」

インスタで話題!飲むだけで美しく痩せる「ティートックス」とは

 

【参考】

※ うそやだショック!男が興味ない女とのLINEを終わらせる一言3選 – Menjoy!

 

【画像】
guteksk7 / Shutterstock

 

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'fumihira'の過去記事一覧