アラフォーはおじさん?若いつもりでいる「アラフォー男子」の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

アラフォー。この言葉を聞いただけで、憂鬱になるという女子は多いことでしょう。

かくいう筆者も、今年36歳。四捨五入すれば40歳ということで、アラフォーの仲間入りです。

はっきり言って、気が重いです。周囲には自分のことを「おじさんは……」と言っていても、自分ではまだまだ若いつもりでいるのです。

これは筆者だけではなく、世間一般の男子たちも同じ。

そこで今回は、マンダムがおこなった40代を中心としたミドル世代への意識調査をもとに、アラフォー男子たちの意識を紹介したいと思います。

 

もう40歳

口では「まだまだ若い」と言ってはいるものの、アラフォーがいい年だということを、男子も自覚しています。

調査によれば、75.8%が自分たちをミドル世代、おじさんだと自覚しています。とはいえ、4割が現状維持、若返りを希望しており、40歳という年齢を受け入れつつも、若さへの未練があるんです。

ちなみに、他人から「おじさん」と呼ばれて許容できるのは、40歳から。30代男子たちを「おじさん」と呼ぶのはやめてあげてください。

 

■プライベートは充実だけど

アラフォー男子たちのプライベートは、おおむね充実している模様。ですが、家計や仕事については、不満を抱えているようです。

子どもにお金がかかったり、会社では上司と部下にはさまれたり。

上司と部下、家庭と仕事、若さと老いのはざまにいるアラフォー男子は、不安を抱えやすい悩み多き男子なんです。

会社でアラフォー男子をみかけたら「苦労してるんだろうな」と察してあげてください。

 

いかがですか。

女子であれば、加齢や結婚、出産をはじめとした悩みを、多く抱えているかもしれません。

男子は女子とは違いますが、男子は男子で、アラフォーになることで悩みを抱えているんです。

心のなかでは「おじさんって、イヤだよね」と思っていたとしても、表向きはできるだけ優しく接してあげてくださいね。

 

【関連記事】

※ 3年目が分かれ道!ママになってもいつまでも美しくいるポイント

※ なんでもいいから今すぐやる!「新しい恋」をはじめる近道とは…

※ やべー間違ってた!彼のLINE返信が遅いときの「正しい」対応

※ 3つの言葉をチェック…恋も仕事も「残念な男性」を見極める方法とは

※ え…わたしのせい!? 彼が「あなたを襲っちゃう」メカニズムとは

 

【姉妹サイト】

中村アンがお手本!「笑顔の使い分け」で全方位愛され女子になれる

3位は水で紅茶は圏外!? 彼が「オフィスで飲んでるもの」トップ3

 

【参考】

※ ミドル男性への意識調査 – マンダム

 

【画像】
Nejron Photo / Shutterstock