見た目に騙されないで!「女を裏切らない男」の特徴5つ【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

意中の男性がいて、今“いい感じ”なあなた! ちょっと待ってください! その人はあなたを大事にしてくれる人ですか? 若いうちならいいですが、結婚を意識しているのなら、相手があなたを裏切らない男なのかを見定める必要があります。

男にはタイムリミットはありませんが、女には出産できる年齢というタイムリミットがありますから、無駄な時間はかけていられません!

そこで、あなたの彼が“裏切らない男”なのかチェックする方法を、心理学者・渋谷昌三氏の著書『男を見抜く』を参考に、交際前に使えそうなことにポイントに絞ってご紹介したいと思います。

 

■1. 実は優柔不断くらいがちょうどいい

優柔不断なところが気に入らなくて、結局付き合うのを辞めたなんて話をよく聞きますが、実はこれ、間違いのようです。

渋谷氏によると、女性は付き合い始めは決断力がある男性を「男らしい」と褒めるが、慣れてくるとまったく言うことを聞かないことに不満をもつようになるといいます。

だから、自分の考えに固執せずに女性の考えに合わせられる度量をもつ男を探すのがよいそう。決断できないということは、どちらがいいかあれこれ頭の中で考えているということですよね。

そんな男性の肩を持つわけではないのですが、もしかして、「どちらを選んだら彼女が喜ぶのかな?」などと考えてなかなか答えが出せないなんて可能性もあるのではないでしょうか?

そうだとしたら、相手のことが理解できるにつれ改善されてくるかもしれませんよね。付き合う前から優柔不断だとバッサリ切ってしまうのはもったいないと思います。

 

■2. 交際歴を見るときは、数より長さを重視!

相手の恋愛遍歴を聞きだしてみましょう。そして、ひとりの相手とじっくり付き合ってきた傾向の男性を選びましょう。付き合った数を自慢するような男性はNGです。

確かに魅力的な男なのかもしれませんが、「ひとりの女性に心を尽してお互いの関係を深める時間はもてないし、そういう気もないのではないか」と渋谷氏がいうように、こういう人は女性と長く付き合うことよりも、多くの女性との経験をもつことに価値があると思っている節があるようです。

中には、何人の女性と性交渉をもったかということに生きがいを感じている不届きな男性もいますからね……。

こういう男性はもともとの価値観が違うのですから、「私だけは違うはず!」「がんばればどうにかなるはず」なんて思いこもうとするのはやめたほうが良いと思います。

失敗した後になって冷静に考えると、だいたい「そんなわけないよ。あのとき、私は血迷ってた」と思うパターン……、身に覚えはありませんか?

 

残り3つは【後編】で!

 

【参考】

※ 渋谷昌三(2009)『男を見抜く―「男は必ず、操れる」』 リュウ・ブックス アステ新書