大きくすると治る?女医が教える「短小に悩む彼」への対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

短小、包茎、早漏などなど、男性の下半身についての悩みは尽きません。しかし、これも相手があってこその悩み。「女性に対して不快感を与えてしまう」もしくは、「満足させることができない」という思いが、悩みの種となってしまうのです。

女性としては、それほど気にならなくても、男性側には重要問題。

『女医から学ぶあなたの魅力が10倍増すセックス』の著者、女医の山下真理子先生(写真)は、“短小”男性と付き合う女性にインタビューをしてみたそうです。

 

■短小の男性とのセックスの感想は!?

前述の山下真理子先生によると、短小の男性に対する感想として、以下の回答が多かったそうです。

・10センチもないおちんちんの人に4回当たったけど、みんな好きでした。特に意識した事はありません。

・おちんちんが小さい人って、なんだかテクニシャンが多かった気がします

小さいからっていうのもあるんだろうけど、一生懸命私をイかせてくれて、満足です

・私の彼氏も10センチくらいだし包茎だけど、別に気にしません

意外にも、短小であることを嫌がっている女性は少ないようです。「男性にテクニックがある」こと以外にも、何か理由があるんでしょうか。

 

■女性の“膣”に秘密は隠されている!

「女性の膣や子宮口は、出産のために筋肉がとても発達し、“筋肉の塊”と言っていいほどの柔軟な筋肉でできています。男性のペニスに柔軟にフィットする仕組みになっているので、大きくても小さくても、実はさほど変わりはないんです。

ですが、女性にとって“気持ちいい”と感じるポイントは様々。短く小さなペニスで問題ないとしても、体位を工夫したり、挿入角度を調整する努力は必要でしょう」

女性の膣には、未知なる力が隠されているんですね。しかし、それでも小さいことに劣等感を感じてしまう彼の場合はどうしたら良いのでしょうか?

「男性器を、医学的に、かつ安全に大きくすることが可能です」

こう語る山下先生に、その方法を教えてもらいました。

 

■男性器を大きくすると早漏が治る!?

「亀頭にエンドプラストという注入剤を注入したり、シリコンを入れたりなど、美容外科的なアプローチ方法によって、ペニスを大きくすることが可能です。膣から得る刺激も注入剤を経て伝わることになるので、早漏の解消になる場合もあります。

そして、ペニスを大きくすることで自信が持てるならば、精神的な余裕も生まれ、より充実したセックスが可能となるでしょう。ただ、男性は、大きな自分のモノに対して、それだけで満足し、女性を快感に導くという行為がおざなりになってしまうことも考えられます」

 

彼のアソコが大きくなっても、それで満足してしまっては元も子もありません。貴女を気持ちよくさせようという配慮をもっていることが重要です。

ふたりの良き関係を保つために、話し合い意見交換するだけでなく、下半身での会話も大事にしなければいけませんね。

 

【参考】

山下真理子(2010)『あなたの魅力が10倍増すセックス 女医から学ぶ』 ぶんか社

山下真理子・・・女医。岡山県出身。京都府立医科大学医学部医学科卒業後、医師免許を取得。テレビや週刊誌等で活躍する美人女医。最近では、EDGE STYLEやチャクラ、ポコチェ等、女性誌への進出も拡大している。愛のある辛口(カラクチ)女医としても有名。