食欲の秋に朗報…ぽっちゃり女性は逆に東大卒を狙え!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

雑誌やテレビなど、世の中にはダイエット特集が溢れています。朝バナナにレコーディングダイエット、カーヴィーダンスなど、ダイエット法も様々です。

あなたも「痩せた!」という声を聞いて試してみたことがあるのではないでしょうか。これだけダイエット情報が氾濫していると、まるで“痩せなければ幸せになれない”かのよう。

しかし、果たして本当に痩せる必要があるのでしょうか? 男性は“ぽっちゃり”している女性のほうが好きという声もあります。

今回は“痩せなければ恋愛できない”という固定観念を覆すようなエピソードを、作家・島村洋子さんの著書『「不道徳」恋愛講座』から紹介いたします。

 

■太っていてもモテる女性の秘密

島村さんは、体重が100キロ以上あるにも関わらず、何人もの男性からプロポーズされ、最終的に東大卒のイケメンと結婚した女性について書いています。

一見、不可解に思える話ですが、島村さんは「東大卒のイケメンだったからこそ、幸せなデブを好きになったのだ」と言います。

東大卒のイケメンともなれば、見合いもあったろう、コンパでは女の子からモーションもかけられただろう。しかしそこにいたのはスタイルのいい美人で価値観が陳腐な女たち。

そんなときに明るいデブがやって来てご覧なさい、びっくりして好きになってしまうって。

ぽっちゃり女性は体型に悩んだ経験から思いやりのある人が多く、男性側も自分のコンプレックスが話しやすいので、ますます好きになるのだそうです。

そういえば、2011年の吉本べっぴん芸人ランキングでは、ぽっちゃり芸人の馬場園梓さんが見事一位に輝いています。やっぱり、熱烈なファンはいるようですね。

 

■ニッチ市場をねらえ!

このようなニーズはあるのに供給が少ない分野を“ニッチ市場”といいます。多くの女性は今よりスリムになろうと必死ですから、“ぽっちゃり好き”な人たちの恋愛対象になる女性が不足しているのです。

そして、前述したようにスタイルのいい美女ばかりにモテるような東大卒は、ぽっちゃり女性が新鮮に見えるので狙い目です。

ほかにもITベンチャー社長、外資系金融マン、外務省のキャリア官僚などをターゲットにするといいでしょう。

すでに痩せてしまった人は、今からでも太りましょう。人は好きなものを好きなだけ食べているだけで太るので、簡単に実行できるテクニックです。

 

【参考】

※ 島村洋子(2007)『「不道徳」恋愛講座』 中央公論新社