遊園地デートでアトラクション待ち時間の沈黙を“ラブモード”に変える一言とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

問) 今日は付き合い始めたばかりの彼と、初めての遊園地デート!

予想はしていたけれど、長~いアトラクションの待ち時間、とうとう話題が尽きちゃった…

この気まずい沈黙、どう打破したらいい?

 

①「あのカップル、どういう関係かな?」と周りの人をネタにする

②「なんか、緊張しちゃうね」と微笑みでごまかす

③「しりとりでもしよっか。り、りんご!」としりとりを始める

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アトラクションの待ち時間、食事中、帰りの車の中…

まだ付き合いの浅い二人には、至る所で“沈黙”が待ちうけています。

 

ドキドキして喋ることができないという気持ちが、相手に伝わっていればいいけれど、

あまりに長い沈黙の末、「あんまり楽しくなさそうだな…」「つまらない男だと思われてるかな…」と、

彼を自信喪失させてしまうのだけは避けたいところ。

それに、沈黙のままお別れになってしまうと、次のデートだって誘いにくいですしね。

 

ついついやってしまいがちですが、のように、周りの人間を「いじる」というのは、あんまりお行儀の行為じゃありません。

「あのカップル不倫じゃない?」「見てみて、あの格好!」という話題は、不愉快に感じる男性も多いかも。

せめて、子供や動物をネタに、「可愛いね~」というくらいに留めましょう。

 

は、気まずい沈黙を、一気にラブモードに変える魔法の言葉!

話が途切れてしまうのは、二人の相性が悪いからではなく、

あくまでも、「一緒にいると、緊張してしまうから」ということにできます。

これなら、沈黙の間、ラブモードを味わえるのでオススメです。

 

また、のように、ゲームを始めてしまうというのもアリ。

必死に会話のキッカケづくりをする気遣い、沈黙を打破しようとする健気な努力が

彼に伝われば、それはそれで成功といえるのです。

 

解答 ①10点 ②100点 ③70点