これはヤバイ…「不幸な恋愛」をしてしまう女の特徴7つ【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回は、米国の女性向けサイト『Madame Noire』の記事を参考に、不幸な恋愛をしてしまう女性のパターンをまずは3つご紹介しました。今回は残りの4つです。

 

■4:無類のアーティスト好き

画家や写真家といったアーティストは、情熱的・刺激的な男性が多く、一緒にいてわくわくすることもあるでしょう。

しかし、彼らにとって“普通”の生活は退屈すぎるのです。

彼らは型にはまった仕事や、ルーチンワークを潔しとしません。しかし、それらは普通の生活の一部です。もし、あなたがアーティストとの恋愛に疲れたのなら、普通の生活をきちんと送れる男性が必要でしょう。

アーティストと言っても、いろいろなタイプの人間がいますが、個性が強すぎる人との恋愛は、付き合い当初は楽しくても長続きしにくいものです。

恋愛に刺激ばかり求めずに、一緒にいて安心できるような関係を築いてみませんか?

 

■5:ネット上の出会いに依存している人

インターネット上にも素敵な出会いはあります。しかし、人はネット上では自分のことを実際よりも良く見せることができます。

プロフィール写真は5年前のものかもしれません。職業が“セールス”となっているのは、実は怪しいお店の店員だったり、フリーターだったりすることもあります。

また、彼がインターネットでの出会いを求めているのは、仕事が忙しくて出会いの機会がないためではなく、単にリアルでは誰からも相手にされないからということもあるでしょう。

インターネットでの出会いが全て悪いというわけではありませんが、画面に表示されていることへの過信は禁物です。

 

■6:セレブ大好きさん

本物のセレブとまではいかなくても、ちょっとした事業を経営していたり、お金持ちだったりする男性ばかり狙っていませんか?

自信のある人が魅力的なのは理解できます。しかし、そういう男性は、何でもコントロールすることに慣れていることがしばしばです。つまり、あなたをもてあそぶこともお手のものといえます。

 

■7:とにかく満たされていない人

失恋したり失業したりして、傷ついている状態で恋愛すべきではないのは男性も女性も同様です。

“信頼できる友達がいる”、“安定した職業か、少なくとも確固たる目標がある”、“傷ついた出来事から年月がかなり経っている”という条件を満たしていない場合、男性はそれを見抜きます。

あなたを救いたい男性が寄ってくるころもあるでしょう。ただ、彼らは弱っている女性を支配したいか、もしくは自分自身も傷ついているので、傷のなめ合いをしたいだけです。

自分の満たされない思いを癒すために恋愛に依存しても、決して幸せにはなれません。孤独で辛くても、まずは傷が癒えるのを待つか、恋愛以外の生活面を充実させるように努力しましょう。

 

以上、不幸な恋愛をしてしまう女性の7パターンを紹介してみました。「当てはまる~!」というかたも、まずは自分のパターンを認識できたという点で一歩前進です。

これを機会に、ぜひ不幸な恋愛パターンを脱却してくださいね!

 

【参考】

※ 7 Reasons You Attract Crazy And Controlling Men | Madame Noire | Black Women’s Lifestyle Guide | Black Hair | Black Love