> > 「メンソールの煙草で不能になる」は本当!? 女医が教える噂の真相

おすすめ記事一覧

「メンソールの煙草で不能になる」は本当!? 女医が教える噂の真相

2011/11/03 18:00  by   | 自分磨き

皆さんは「メンソールのタバコを吸うとインポになる」と言った都市伝説を耳にしたことはありませんか?

誰が言い始めたのかは分かりませんが、友達同士でいるときに誰かがメンソールのタバコを吸うと、必ずひとりは言うようなセリフですよね。

果たしてこれは本当なのでしょうか?

『女医から学ぶ あなたの魅力が10倍増すセックス』を著書に持つ女医の山下真理子先生(写真)に医学的視点から解説をしてもらいました。

 

■都市伝説では済まされない真実!

「“メンソールのタバコを吸うとインポになる”これに関して即答するなら、答えは“No”です。ただし、“メンソールのタバコを吸うと”という点が間違っているだけで、“タバコを吸う”行為自体が、インポになりやすくなるのはれっきとした事実です。

アメリカの大学の実験によれば、高血圧の患者59人を調べたところ、タバコを吸っている人の半分がインポテンツで、吸わない人達にはインポテンツがいなかったということです」

そこには医学的な裏付けなどはあるのでしょうか?

「喫煙をすると、ニコチンが血管を縮めるため、血液が固まりやすくなり、ペニスへの血流障害を起こすのです。30歳~40歳の男性で、一日に10本以上タバコを吸う人は、ある時急に勃起できなくなる可能性があります」

それだけでなく、女性の妊娠にも関わる事実が、男性の喫煙には隠れているのだそう。

 

■喫煙は卵子にも影響を及ぼす!?

「喫煙すると、インポテンツになる確率が上がるだけでなく、精子の能力自体も弱まり、卵子と結合しづらくなります」

ということは私たち女性は急いで彼の喫煙をやめさせなければならない、ということですよね?

「できればやめさせてあげたほうがいいですが、禁煙が極度のストレスになると、男性の下半身に悪影響を及ぼすこともあります。

彼女であるあなたがうまく彼のストレスを解消できるように働きかけてあげるといいでしょう。ちなみに、禁煙をするときには、“本数を減らす”のではなく、“一気にやめる”ことが必要です。

最近は医師の処方で禁煙治療を行うこともできるので、検討してみてもいいかもしれません」

 

いかがでしたか?

これからは、“メンソールのタバコを吸うとインポになる”ではなく、“タバコを吸うとインポになる”というのを口にすると、喫煙する男性が少しは減るかもしれません。

しかもそれは都市伝説などではなく、紛れもない真実であることを付け加えると、その効果はさらに増すのではないでしょうか。

 

【参考】

※ 山下真理子(2010)『女医から学ぶ あなたの魅力が10倍増すセックス』 ぶんか社

山下真理子・・・女医。岡山県出身。京都府立医科大学医学部医学科卒業後、医師免許を取得。テレビや週刊誌等で活躍する美人女医。最近では、EDGE STYLEやチャクラ、ポコチェ等、女性誌への進出も拡大している。愛のある辛口(カラクチ)女医としても有名。愛称はマリリン。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小川沙耶'の過去記事一覧