こんな意味があったとは…深層心理がわかる夢分析6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

夢はその人の深層心理を表しているといわれています。特に、同じような夢を何度も見るという場合、その夢はあなたの心の底にある何かを暗示している可能性が高いです。

そこで当記事では、心理学者の渋谷昌三・小野寺敦子両氏による『手にとるように心理学がわかる本』を参考に代表的な6パターンの夢分析を紹介します。

 

■1:空を飛ぶ夢

空を飛ぶ夢は、飛び方によって評価が分かれます。

まず、自由気ままに飛んでいる夢ならば気力・体力が充実している証。今のあなたは自分の能力を発揮し、かつ成長できる理想的な環境にいるのではないでしょうか。

一方、飛んでいて落ちそうになったり、着地に失敗しそうになったりといった不安定な飛行状態なら、現実社会でもプレッシャーやストレスを感じているおそれがあります。

信頼できる人に相談するなどして、事態の打開を図ってみてはいかがでしょうか。

 

■2:落下する夢

落下する夢は、寝覚めが悪いですよね。この種の夢は、何か失ったり失敗したりするのではないかという不安のサイン。

たとえば、恋人との関係がうまくいっていなかったり、仕事の状況が不安定だったりするときに見ることが多いです。

恋人と徹底的に話し合ったり、自分の人生設計を見直したりするなどして、不安を根本的に解消しなければ、悪夢から逃れることはできません。

 

■3:追いかけられる夢

追いかけられる夢は、現実から抜け出したい欲求の象徴です。ただ、完全に抜け出したいわけではなく、それにつかまってもみたいという複雑な心境を表します。

たとえば、恋人や職場環境に不満はあるのですが、一方で強い愛着もあって、切り捨てることができないという状態です。

腐れ縁を断って新しい世界へと旅立つのか、それとも今の環境を大事にするのか決断はあなた次第!

 

■4:火事の夢

火事の夢も何となく寝覚めがすっきりしませんが、意外にも悪い兆候ではありません。

火事はあなたが一時的な情熱に捉われている象徴。最近、恋に落ちたり、新しい趣味を始めたりといった心当たりはありませんか?

 

■5:セックスの夢

セックスの夢といえば欲求不満という解釈がなされがち。ところが、心理学的には性的な意味はなく、新しいことに打ち込んでいたり、これから取り組もうとしているときに見やすいそうです。

なので「あぁ、こんなエッチな夢を見てしまうなんて」と自己嫌悪に陥る必要はありませんよ!

 

■6:食べる夢

食べる夢は、本当にお腹がすいているときにも見ることがあるそうです。

一方、しっかり食事を摂っているのに物を食べる夢を見る場合は、これこそ欲求不満を象徴します。

性欲、名誉欲、権力欲、金銭欲など、欲求不満の中身は人によりけりですが、とにかく自分の欲求を満たすための何らかの行動を起こすことが大切です。

 

代表的な夢分析を6パターンご紹介しましたがいかがでしたか? 自分の夢を分析するとともに、彼が普段どんな夢を見ることが多いのかぜひ尋ねてみましょう。

回答によっては、彼の意外な一面がわかるかもしれませんよ!

 

【参考】

※ 渋谷昌三/小野寺敦子(2006)『手にとるように心理学がわかる本』 かんき出版