もう髪型に泣かされない!失敗しない美容師の選び方3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

イメチェンしようと意気揚々と美容院に出かけたのに、自分のイメージが全く伝わらずいつもと変わりない雰囲気にされてしまったり、切り抜きを持って行ったにも関わらず何かの間違いが起こってしまったことはうありませんか?

挙げ句、「伸びて来たらいいカンジになってくるんで」と言い訳されたりと、腕のいい美容師さんに出会えないとなかなか思い通りにいかず大変な思いをしますよね。

「次のイメチェンこそ失敗したくない!」という人のために、ちゃんとあなたを垢抜けさせてくれる美容師の見抜き方をお教えします。

芦沢多美さんの著書『お金持ちと結婚するための75日間プログラム』によると、モテ髪をつくってくれる美容師さんには、以下のような特徴があるようです。

 

■1:25歳から30歳くらいまでの、若い独身男性

本書によると、若いけれどそこそこ経験も積んだ、25歳から30歳くらいの男性美容師さんにお願いするのがいいそう。
この年代の美容師さんはどういうのがモテる髪型なのかをよく心得ており、「彼女にしたいならこういう髪型」という目線で髪型をいじってくれるため、モテ髪に近づけます。

 

■2:しゃべりすぎない美容師

カット中にやたらとしゃべりかけてくる男性美容師には要注意。「トークでごまかそうとするのは自分の技術に自信のない証拠だ」と芦沢さんは述べています。

話術が上手いかどうかではなく技術重視です! うっかりおしゃべりに夢中になっている間に切られすぎていたということになったらヒサンです。

 

■3:マダム御用達の店は避ける

「家から近い」とか「長年通っている」とかいう理由でマダム御用達のお店に行っているなら、店を変えましょう。そういった店では、“既婚マダム風”の髪型にされてしまいます。はじめての美容院では客層もチェックしてみましょう。

そんなに広告もしていないのに、平日でも予約がとりにくいサロンがオススメです。

 

あなたを垢抜けさせてくれる美容院の特徴はいかがでしたか? 髪型で印象は大きく変わります。なかなかいい美容師さんに出会えずに、いつも妥協した髪型をしているという女性は、是非上記の特徴を参考に、次こそは理想のスタイルになってください!

 

【参考】

芦沢多美(2011)『お金持ちと結婚するための75日間プログラム』 マガジンハウス