なんと結婚するなら30代男性が最適?噂の真相を暴く【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

福山雅治さん、大沢たかおさん、竹之内豊さんなど素敵な男性が多い40代。最近では、40代男性と20代女性のカップルが増えているなんて話も聞きますよね。

大沢たかおさんと綾瀬はるかさんも復縁したなんて話も聞きますし……、40代男性のモテモテぶりが話題になる機会が増えています。

また、20代男性は恋愛に積極的でない“草食男子”とか、お酒を飲まない“シラフ男子”など消極的なことで話題になります。

この対照的な40代と20代の男性を比べて、「やっぱり40代の男性っていいよね」という話になるケースが多いのではないでしょうか?

ここで気になるのは、「30代男性はどこに行ったのか?」ということです。最近あまり恋愛市場では影が薄く、存在感がない気がします。そこで、今回はあえて、30代男性にクローズアップしてみました。

 

■30代男性は安定志向

電通総研スーパーバイザーの大屋洋子氏の著書『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか』によると、30代をこう定義づけています。

団塊ジュニアが大半を占めますが、バブル崩壊後の就職氷河期に就職活動をしていたこともあって、就職でも、仕事でも、辛酸をなめてきた世代です。

このように分析したうえで、不況の真っただ中に社会に出た世代なので、「男女ともにとても堅実で、マイホーム志向の傾向」があると述べています。また、恋愛においても以下のように分析しています。

「結婚しても恋愛していたい」という40代男性とは違って、彼ら(30代男性)はせっかく手に入れた安寧を壊すようなリスクをわざわざ冒して、恋愛市場に出ようとは思わない。

こうして見てみると、恋愛する相手としては少々面白味がないかもしれません。40代の“ちょい不良(ワル)オヤジ”たちの方が、恋愛の対象としては魅力的に映ります。

しかし、結婚相手としてみたときは30代男性のほうが魅力的に映りますよね。

 

後編では30代男性の魅力について、詳しくお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!

 

【参考】

※ 大屋洋子(2009)『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか』 講談社