日本人女性が絶対に勘違いしている外国人男性の恋愛観(後編)【ブラジル編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

(前編)(後編)に渡ってお届けしているブラジル人男性との恋愛事情。

去年ブラジル人の旦那様と結婚し、現在はブラジルで新婚生活を楽しむ、保育園勤務のコスタ・ダ・シルバ・実穂さんに、ブラジル人男性との国際結婚についてあれこれお話を伺ってきました。引き続き後編もお楽しみください!

 

■国際結婚の大変さ

「大変なことは、お金のことです。経済的にすごく苦しいこと。日本にいる時はあの暮らしが裕福だなんて思ったことなかったけど、友達とお茶に行ったり、飲みに行ったり、服を買ったり、エアコンのきいた部屋で仕事できたり……。

当たり前だった暮らしが今思うとすごく贅沢に思えます。

旦那とは3年前、ボランティアの派遣先ザンビア(アフリカ)で出会いました。水も電気もない自然すぎる暮らしは、私たちにとってとても過酷でした。

ザンビアでの暮らしを乗り越えられたんだから、ブラジルでの暮らしなんてへっちゃらだと思っていたけれど、私の体は日本での暮らしが染み付いていてどうしても日本と比べてしまうんです。

ブラジルのお給料ってね、人にもよるけれど……。例えば私、保育園で平日は毎日朝9時から夜7時まで働いてひと月のお給料日本円にして3万円弱!

だったら物価がめちゃくちゃ安いのかっていったらそうでもなく、果物や野菜は安いけれど他のものは日本の半額ぐらいか、日本より高いものだっていっぱいあるんです。

電化製品なんか日本のよりちゃっちいくせに高くって、“買えるかー!”みたいな。ブラジーの彼と結婚して生活費のやりくりは本当に大変。泣きたくなります。

こちらに来て約10ケ月、美容院にはまだ一度も行けていません(涙)」

 

■言葉の壁を乗り越えるラブラブさ

「ブラジルに来て10ケ月程になりますが、ポルトガル語はまだまだで会話は英語でしています。

100%わかり合えない時もたくさんありますが、一緒に暮らしていると言葉がなくても考えていることがわかったりします。

……あ、ちなみに彼は夜もレディーファーストです。サイズ違いで最初は苦労しましたが(汗)

私は彼が外国人だから結婚したというわけではないし、彼の人柄に惹かれて、それがたまたまブラジル人だったというだけで、彼がどこの国の人であっても、やはり彼を選んでいたと思います。

彼はもし私と別れるようなことがあったら、サンパウロに行って別の日本人を探すそうです。ブラジル人女性はもう無理なんだそうです。

……色々と愚痴ってしまいましたが、でもうちの旦那さんは最高にいい旦那さんです。なんだかんだいって私のことをいつも一番に考えてくれるし、家事も適当ながら手伝ってくれるし。

今まで受けたことのないくらい大きな愛情を毎日もらって私は幸せ者です」

 

たとえ経済的に苦しくたって、心優しいブラジル人の旦那様との新婚生活は愛に溢れていてとっても幸せそうですね!

前回のアメリカ編とはまた違って、国によって男性も色々! 婚活市場をさらに広げる参考に、是非どうぞ!