やっぱりコイツも!バツ歴が多い男性を見抜く「性格上の問題」3連発

バツ歴が多い男性って、どう思いますか? 「モテるんだろうなぁ」というポジティブな感想もあれば、「難アリっぽい」と感じる人もいることでしょう。バツ歴が多い男性には、末永~い結婚生活を続けられない“何か”があるのは確か。今回は様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、バツ歴が多い男性にありがちな性格上の“難”を3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

難1:やたらと諦めが早い

筆者の知人であるバツ4の男性は、非常にモテるタイプながら異性に対して諦めが早いのが特徴です。

元々は他人同士の男女が交際や結婚をすれば、合わない部分が出てきても当然。なのですが、諦めが早すぎて「あの子は俺には合わないんだよねー」と言ってスグに破局を迎える傾向に……。

多くの人が踏ん張るタイミングでサッサと諦めてしまうので、結婚生活も続かないのかもしれません。

ピッタリ合う相手を探し求めるために潔くバツになることを厭わないのは、諦めるのが早いゆえなのですね。ある意味、理想主義のロマンチストなのかもしれませんが……。

 

難2:無類の女好き

筆者の知っているバツ6の男性は、無類の女好きです。

好みの女性がいればスグに口説きにかかる姿は、まさにハンターとも言えます。

結婚する女性も相手が女好きであることを知っているはずなのですが、想像を超える好きっぷりに嫌気がさしてくるのかもしれません。

その人物は、「常に複数人の女がいないと不安」と言っていましたが、妻のことは常に特別な存在だとは認識しているのだとか。それでも、あまりにも女性ばかり追いかけている様子を見て三行半を突きつける妻が多いのでしょう。

本人的にはバツ歴をこれ以上増やしたくないそうですが、それならば“女好き”な性格を少し抑える必要がありますよね。

 

難3:財産を守る意識が強すぎる

筆者の知るバツ3とバツ4の男性は、資産家で高収入なのも共通点です。

彼らは、幼い頃から帝王学的なものを学んでいるせいか、“自分の資産を守る”という意識が極端に強い傾向に。

本来、家庭を築けば家庭単位で財産を守っていくのが一般的なのに、やけに“俺の金”“ウチの金”という意識が強いんです。

結婚しても、妻との間がギクシャクすると「結局、俺の財産狙いだったっぽいよ」なんて言い訳しつつ、離婚に突き進んでいる模様。

変に財産に執着していると、どこの夫婦でも起こりうるケンカやけん怠期ですら離婚の引き金になってしまうようです。なんか悲しいですよね。

 

いかがでしょうか?

いまやバツイチやバツ2は珍しい話ではないものの、極端に数が多いと「なんかあるのかも……」と思ってしまいますよね。

結婚するたびに、生涯を添い遂げる覚悟はあったはず。何度も繰り返してしまう男性は、やはり結婚生活を続けられないだけの理由があることも少なくないようです。気を付けて下さいね!