仕事よりも彼氏がデキちゃ~う!モテOLの「オフィスモテ戦術」3つ

どの時代においても、出会いの場ランキングで上位を占めるのが職場です。また、結婚に結び付きやすいのも職場恋愛(オフィスラブ)の特徴ですよね。仕事がデキる女も素敵ですが、モテOLは仕事だけじゃなく彼氏もデキちゃうもの! そこで今回はモテOLによる“オフィスモテ戦術”をご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:ファッションで主張しない

いくら可愛く見られたいからと言って、主張しすぎるファッションや仕事に似つかわしくない装いをしていると、男性陣からは「常識のない女」認定されてしまいます。

職場恋愛を期待しているのは男性もそうですが、しかし男性にとって職場は自分のアイデンティティを成長させる神聖な戦場でもあります。だからこそ、職場のルールに反するようなファッションはむしろ逆効果。

モテを意識しすぎるあまり一人だけ目立ったファッションをすると、規律を重んじられず自己主張だけが強い人として捉えられてしまいます。

“オフィスモテ”に必要なファッションは、胸の谷間や美脚をあらわにしたミニスカートといったコッテコテの露出ファッションではなく、むしろ露出は控えめの清潔感があるファッションです。

 

2:負の感情はあえて裏で出す

仕事中はよりシビアに物事を考えて判断していく男性にとって、職場にも関わらず感情の起伏が激しすぎる女性は恋愛対象外どころか「人として嫌い」な評価を抱いてしまいます。

上司に叱られて泣く、不満な事があれば態度が悪くなる……などといったマイナスの感情をいちいち外に出していたら、男性社員からはブーイングを喰らうので要注意。

そして“オフィスモテ”の真髄は、あえて裏で負の感情を出すというところです。

職場や仕事中といった表の場面では決して負の感情は出さず、狙った男性との食事や飲みの場という裏の場面で愚痴や悩み相談といったカタチで負の感情を出すのです。

そうすることで男性からは「職場で自分の感情をコントロールできる女性」という評価をもらいつつ、「表に出さない負の部分を俺にだけ見せてくれてる!」と恋の方で意識させることができますよ。

 

3:悪口や陰口は職場の人間に言わない

共に働く仲間ではあれど、やはり好きな人・嫌いな人は出てきますよね。

そこでついついOL仲間と職場の人の悪口大会なんかしたら……次の日には何故か職場内にそのことが知れ渡っているという恐ろしい事態になりかねません。

いくら嫌いな人が職場にいても、悪口や影口はできるだけ職場の人間にはこぼさないようにしましょう。人の口に戸は立てられない、と言いますからね。

言葉を選んで発言する

また、男性と女性では、傷付くポイントが少し変わってきます。

男性は、何よりも自分の築いてきた歴史や自分のプライドを大切にするため、プライドを傷付けるような発言を職場でしてしまうと、「神聖な場所で恥を欠かせた女」として修復不可能なぐらい嫌われてしまいますから要注意。

“オフィスモテ”を狙うならば、悪口や陰口は控え、ちょっとした仕事でも「●●さん凄いですね」「さすが●●さん!」と男性のプライドをくすぐる発言を意識しましょう。

 

このように、プライベートでのモテテクと“オフィスでのモテテク”は違いがあるわけです。

男性にとって職場は神聖な場所ですので、そこで「癒やしの存在」になることを意識しましょう。

そこさえおさえておけば、仕事より彼氏がデキる“オフィスモテOL”になれること間違い無しですよ!

 

 

【参考】

合コンモテとは基準が違う!「オフィスでモテる女性」の特徴6つ【前編】 – Menjoy!

合コンモテとは基準が違う!「オフィスでモテる女性」の特徴6つ【後編】 – Menjoy!