ここが正念場!カップルが「破局」を迎えやすい交際時期が判明

「大好きな恋人とずっと一緒にいられますように……!」女性なら誰もが抱く願いですよね。しかし、世の中のカップルの大半は、いずれはジ・エンドを迎えるのも真実です。そして、どうやら“別れやすい時期の壁”というのが存在することが、『Menjoy!』の調査で発覚しました! 今回は、同調査を考察しながらグラフも用いてその実態に迫ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

交際期間別に破局を迎えやすいレッドゾーンがある!?

アンケートでは、500名の男性に「これまでの彼女と“付き合ってから別れるまで”の期間について、あてはまる期間を全て選んでください」という調査を実施。するとカップルが破局を迎えやすい期間には、いくつかのパターンがあることが分かったのです!

まずは、全ての回答を俯瞰してみると、こちらのグラフの様になっています。最も数値が高い期間が「半年~1年未満」で14.0%、続いては2位は「1ヶ月未満」で11.2%、3位は以外にも「4年以上」で10.8%が選択。4年以上付き合っての辛い別れを、なんと10人に1人が経験をしているのですね!

shukei

次に、それぞれの期間で区切って、最も破局を迎えやすい“レッドゾーン”を見ていきましょう。

 

1:交際6ヶ月未満で危ない時期は……

交際6ヶ月までは、まだまだ恋に浮かれている時期! ……かと思いきや、意外と破局を迎えているカップルもいるのです。

同質問に対する回答で、交際6ヶ月までの期間を選んだ男子が多かった順に並べると以下の順になります。

1位:1ヶ月未満・・・11.2%
2位:3ヶ月~半年未満・・・8.8%
3位:1~3ヶ月未満・・・8.2%

なんと! “3ヶ月神話”なんてよくいいますが、交際半年までの期間では「1ヶ月未満」で別れる人が最も多く、ここがレッドゾーンに。

まずは、“1ヶ月の壁”を乗り越えることができれば、半年過ぎるまでは関係が安定するカップルも少なくなさそうですよね。

 

2:半年以上2年未満で危ない時期は……

続いて、半年以上2年未満の時期を見ていきましょう。

同質問に対して、“破局した時期”として選ばれたのが多い順に並べると、以下の結果になりました。

1位:半年~1年未満・・・14.0%
2位:1年以上1年6ヶ月未満・・・10.2%
3位:1年6ヶ月以上2年未満・・・9.6%

こちらは、“半年を過ぎ1年記念日を迎えるまでの時期”がレッドゾーンになっています。

むしろ、1年記念日を迎えた後は破局率がそこまで高くありません。つまり、1年記念日を迎えれば、2年目記念日までは穏やかな日々を過ごせるカップルも少なくなさそうです。

末永~いラブを目指すなら、まずは“1年の壁”を乗り越える必要がありますね。

とは言え、全体的に1の「1~3ヶ月未満」や「3ヶ月~半年未満」の時期よりも絶対的な破局率は高いので、楽観視はできませんが……!

 

3:2年以上4年未満で危険な時期は……

次に、2年以上4年未満の間に破局を迎えた男子の割合を見ていきましょう。

1位:2年6ヶ月以上3年未満・・・5.4%
2位:2年以上2年6ヶ月未満・・・5.0%
3位:3年以上3年6ヶ月未満・・・3.6%

こちらの時期では、「2年6ヶ月以上3年未満」が破局率の最も高い結果となったものの、絶対的な破局率は低めでどの期間も全て6%以下となっています。

2年間関係が続けば、ようやく2人の関係が安泰となる実情がうかがえるのではないでしょうか。

 

以上、カップルが“破局を迎えやすい時期”の傾向をご紹介しましたが、あなたの経験と照らし合わせていかがでしたか?

どうやら、乗り越えるべき壁は“1ヶ月”と“1年”にありそうですよね。

末永くラブを育みたい女子は、これらの“壁”に注意して安定した関係を築いていってくださいね。