そんなに早く!? 男性の「彼女への気持ち」が冷める時期…1位が衝撃

ついこの前まで、「愛してるよ」「好きだよ」と言ってくれていた彼が、アッサリ心変わりしてしまったら……? 人間は不思議なもので、恋人に対して急に“スッと気持ちが冷める瞬間”が訪れるのも珍しい話ではありません。今回は『Menjoy!』が男性500名に実施した調査をもとに、“彼の気持ちが冷めてしまう交際期間”のTOP3をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3位:1年程度

「彼女に対して自分の気持ちが冷めた経験はありますか? 付き合ってから“彼女への気持ちが冷めるまで”の交際期間に当てはまるものを、全て選んでください(複数回答可)」と質問。

すると、3位には9.2%が選んだ「1年程度」が選ばれる結果となりました。

交際1年目の記念日を迎えるかどうか……ぐらいのタイミングで、「やっぱ、俺アイツに冷めた」なんて思った男性が10人に1人はいるということ。

女子的には「1年記念日には何しようかな~。1年ももったということは末長く続きそう!」と淡い期待をしていても、その願いが叶わないパターンも珍しくなさそうですよね。

 

2位:半年程度

続いて、同質問に対して3位と僅差ながら9.6%が選び2位になっていた時期が「半年程度」です。

交際初期のラブラブ期を経て、ちょっと関係が落ち着いてくる頃合いかと思われますが、意外にもそのタイミングで気持ちが冷める男性も珍しくありませんでした。

たったの半年で冷めてしまう愛なんて、「そもそもホンモノじゃなかったのでは?」とも疑いたくもなる実情ですね。

女子的には「まだ半年だし、これからもっといろんな経験を共有したいな~」なんて夢見ていても、その夢がこんな短い期間で儚く散ってしまうパターンがあるということでしょう。

 

1位:3ヶ月程度

そして、同質問に対して12.0%の男性が選び、堂々1位になっていたのが「3ヶ月程度」でした……!

2位の「半年程度」でも「えっ!? そんなに早いの!?」と驚いていた読者にとっては、衝撃的な1位としか言いようがありませんよね。恋の熱にやられて「好き!」と思っていた気持ちが、3ヶ月を経て「まやかしだったかもな……」という心境になる男性も珍しくないのでしょうか。

たった3ヶ月で「冷めた」と言われれば、そもそもニセモノの恋だったとしか思えない女子もいますよね。

 

彼の気持ちを冷めさせないための極意3つ

以下の調査結果をまとめたグラフを基に、今回の調査を紐解いてみると、彼の心変わりが起きるリスクが高いのは、交際1年半までの期間と言えそうです。

また、4年以上付き合っていても心変わりは突然起こるのですね……。

kousaikikan

そして、彼に冷めてほしくない女子は、この期間中に彼が「一生オレのもんだ!」と言いたくなるぐらいメロメロにさせる必要があります。

その為に必要な心がけを、恋愛のバイブル『Menjoy!』の過去記事からもセレクトしてみました。

(1)見た目を彼の“好みのタイプ”にする

もともと“彼のタイプ”であった女子は安心ですが、そうではない自覚があるなら、できるだけ見た目を彼好みにチェンジしておきましょう。

『Menjoy!』の過去記事によれば、見た目がタイプな女性を「手放したくない」と思う男性は、31.0%にも達しています!

(2)彼を愛する

男性は、自分を愛してくれる存在を無下にはできない生き物。過去記事では、36.8%もの男性が「自分を愛してくれている女子離したくない」と答えています。

愛は受け取るよりも与えるものと認識したほうが、愛され彼女への近道です。

(3)素直な性格になる

性格が曲がった女子よりも素直な人のほうが愛され上手なのは間違いなく、過去記事でも「性格が素直な彼女は離したくない」という男性が44.8%にも達しているのです。

彼の気持ちを冷めさせないためには、男性が「コイツを手放したくないっ!」と思う女子になる必要がありますよね。

【参考】

「一生オレのもんだっ!」男が手放したくないと思う女の共通点 – Menjoy!

 

 

以上、男性の気持ちが冷めやすい危険な時期をお伝えしました。あなたは今、彼と付き合ってどのくらいですか?