オェー!お口エッチからの「口に出したい」の上手なかわし方

彼とのエッチの最中、あるいは何らかの理由で中に挿れることができない日……。お口エッチの流れで、彼から「口に出したい」と言われて困惑した経験、ありますか? でも、抵抗のある女性も多いですよね。その男性心理から上手なかわし方まで、恋愛心理カウンセラーの筆者がまるっとご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男はなんで「お口に出したい」って言うの?

口に出す出すって簡単に言うけど、「あんな苦いもの、口で受け止めるなんてムリっ……」と考えている女性も多いことでしょう。

しかし、彼に押し切られて(あるいは、いきなり出されてしまって!)実際に口で受け止めたことがある女性もいるはず。

そりゃ、自分で味を知らないのはそうかもしれませんが、どうして彼らは「口に出したい!」と言うのでしょうか?

口=性器の象徴

『Menjoy!』では何度かお話していますが、身体のパーツの中でも、口というパーツは心理学的に、女性器の象徴、代替品として扱われます。

男性は、女性の口に自分のムスコを挿れることで、実際に性器に挿れなくても「セックスしている」という感覚を心に刻むことができます。

性器と同じ意味合いで挿入をしているので、「そこで出す」という感覚があるわけなのです。

口に出す=支配の象徴

口が性器の象徴であるといっても、口に出すことはもうひとつのことを暗示しています。

それは、自分の下半身から発射したものを、上半身にある口で受け止めるという関係。“支配の構図”でもあるんです。

女性に口で受け止めるだけではなく、飲み込むことを要求する男性は、より圧倒的な支配関係を築きたいと考えている可能性があります。

 

彼の「お口に出したい」上手なかわし方とは?

それでは、彼に「口に出したい!」と言われたら、どうやってかわしたら良いのでしょうか?

嫌な顔をしてはいけない

鉄則は、“嫌な顔をしない”ということです。

男性は総じて、口に出すことに限らず、自分のワガママを女性に「受け入れてもらいたい」と考えています。

そこで、あなたが嫌な顔・表情・口調をしてしまえば、ケンカになったり、最悪別れにつながってしまうこともあるでしょう。

そうなりたくなければ、あくまでも、にっこりと、明るい口調で拒絶をすることが大切です!

「イヤだ」以外の言葉で表現する

彼「口に出したい」、あなた「絶対にイヤ」。

このやりとりは、男性にとっては、自分の欲求を頭からあなたに拒絶されていると同じ。そこで、あなたは「イヤだ」以外の言葉で拒絶を表現する必要があります。

おすすめは、彼の液体がどのような味がするのか、具体的に表現してあげることです。

「すごく苦くてネバネバしていて苦手なの」

「ちょっと酸っぱいような感じがして、どうしても……ダメなの」

など、“どのようにイヤなのか”をできるだけ具体的に表現してあげましょう。

「そのままキスしていい?」でにっこり

あなたが苦手な理由を表現しているのにも関わらず、彼がどうしても諦めてくれない場合、にっこりと笑って「そのままキスしていい?」と聞いてみましょう。

自分が出した液体に対して、拒否感があるのは男性も同じです。いや、自分が出したものだからこそ、「口の中になんか入れたくない」という気持ちはあります。

ですから、「そのままキス」という提案には「イヤだ」と返してくる男性がほとんど。そこであなたも、にっこりしながら「イヤなら、今日はできないなあ」と返してあげましょう。

 

いかがでしたか? あなたが理由を説明して拒否しているのに、あなたの都合を考えずに彼が「口に出したい」と主張するのかどうかで、彼の愛情を測れる部分もあると思います。

上手にかわすことで、納得のいく男女関係を築きたいですね!