「また怒られる…」モラハラ男と付き合っているサイン3つ

「ダメンズやチャラ男と交際したい」という女性はいないと思いますが、もっとダメなのがモラハラ男です。ですが、実際に自分が付きあっていると、意外と相手がモラハラ男であることに気付かないことってあります。そこで、海外情報サイト『all women stalk』の記事を参考に、“モラハラ男と付き合っているサイン3つ”を紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:薄い氷の上を歩いているような気持ちになる

仮に、あなたが何かちょっとした失敗をする度に、彼からなじられたり文句をつけられたりしているとします。すると、「また怒られるのではないか……」とビクビクしてしまい、まるで薄い氷の上を歩いているような気持ちになってきませんか!?

下手をしたら、氷が割れて冷たい水の中に“ドボン!”と落ちてしまうため、いつも氷に落ちないように小さなことに気を遣うようになるのです。

そんな毎日を送っていたら、楽しいはずの恋や交際が、神経をすり減らすだけの辛いものになってしまいますよね? 薄い氷や卵の殻の上を歩いているような気持ちさせる男性は、モラハラ男の要素タップリです。

あなたがそんな風に感じ始めたら、彼と交際を続けるべきなのかどうか自問自答した方が良いでしょう。

 

2:自分に自信がなくなってくる

1番のように、いつも彼にダメ出しされたりなじられ続けていると、どんどんあなは自分が“ダメ人間になってしまった”ように感じ、自分に自信が持てなくなってきてしまいます。

モラハラ男は意識してかせずか、あなたの自信を喪失させることで精神的にコントロールして、自分の思い通りに操ろうとするところがあります。

これは、モラハラ男が自分に自信がない証拠でもあります。そうやって、あなたを蔑むことで自信を喪失させれば、自分が優位に感じられるからです。

本当にあなたのことを大切に思っている男性なら、決してこんなことはしません。

付き合うに値する素敵な男性は、あなたを褒めて感謝して尊重してくれるはずなので、こういった素質を持ち合わせていない男性には近づかないに越したことはありません。

 

3:彼に認められようと頑張ってしまう

彼に精神的コントロールされてしまったあなたは、彼に認められたいばかりに、必要ない努力をしてしまうようになります。

例えば、もっと痩せろだとか料理がマズいだとか彼に批判されると、彼に嫌われたくないばかりにダイエットを始めたり料理の研究を重ねたり、間違った動機で頑張ってしまうのです。

ダイエットも料理の研究も、健康的な精神状態で始めるには何の問題もありません。

「失敗しちゃったかな~」と思った料理でも、彼が「美味しい」と言って感謝してくれて、「そんな彼のために料理の腕を上げたい!」と思うのなら、二人は、お互いのモチベーションを高め合える素晴らしい関係を築いていると言えます。

本来は、そうあるべきですよね。

「彼に嫌われなくないから」「自分がちゃんとしないと怒られてしまうから」と頑張ってしまう自分がいたら、間違いなくモラハラ男と付き合っているサインです。

 

いかがでしたか!?

こんな男と付き合っていたら、どんどん精神が蝕まれてしまい、それなのにモラハラ男から離れられなくなるという悪循環が生まれていしまいます。

出来るだけ早い段階で彼がモラハラ男であるサインをキャッチして、深入りする前に逃げ出すようにしてくださいね!

 

 

【参考】

8 SIGNS YOU’RE IN A RELATIONSHIP WITH A GASLIGHTER – all women stalk1