朝を3分短縮する!もう迷わない時短美容家の「時短コーデ」コツ3つ

デートだろうとなかろうと、毎日のコーデは納得できるスタイルをできるだけ時短で完成させたいですよね! 朝の身支度に時間を取られると、時間が刻一刻と迫り、焦りがちです。そこで今回は、時短美容家の筆者が実践する“デートにもウィークディにも使える”朝コーデに迷わないための時短テクを3つご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

コツ1:洋服はグラデーションで並べてしまう

筆者は、一部屋を丸ごとクローゼットとして使用するほど洋服が多いのですが、洋服の収納場所には、向かって左側には夏物、右側に冬物をしまい、それぞれの上段にトップス系、下段にボトムス系と分けて収納しています。

このときに、それぞれの季節ごとに右にホワイト系から始まって、左端がブラック系となるよう、洋服は色別にグラデーションにしてしまいます。

カラフルな色の洋服は、なんとなくイメージで「この辺の色かな」というあたりに入れてしまえばOK。

こうすることで、忙しない朝でも直感でコーデを決めやすく、時短テクになっているんです。

色を統一して収納することで、似たような服を買わなくなるメリットも生まれています。

@uniqlo_ginzaがシェアした投稿

 

コツ2:新しい服を買うときに3パターンのコーデを考える

時短コーデを考える際には、あらかじめコーデのパターンを把握しておくことも重要です。

筆者の場合、プロのスタイリストをしている友人から「洋服を買うときには、必ずコーデを考えてからじゃなきゃダメ!」と口酸っぱく言われてきたため、新しい服を買うときには、必ず頭でコーデを考えてから購入するようになりました。

そのときに、普段使いの服については1パターンではなく、3パターンほど考えてから購入するようにしたところ、朝の時短テクに劇的なメリットが生まれました。

 

コツ3:勝負コーデを5パターンつくっておく

とは言え、とにかく時間がないときにも納得できるコーデで出かけるためには、事前の準備がモノを言います。

あらかじめシチュエーション別に勝負コーデを決めておくと、慌ただしい日でもすんなり着るものを決められます。

筆者は、以下のパターンでシーズンごとの勝負コーデを1つずつ定めています。

IMG_5738

1:仕事関係者と会う場面

2:女子会

3:夫とデート

4:ゴルフウェア

5:ゴルフの帰り用

これらのシチュエーションに対応できる組み合わせをあらかじめ決めておくことで、急いで支度しなくてはならない日でもすんなりと着るものが決められるようになりました。

 

以上、時短美容家の筆者が実践している時短コーデ術をご紹介しました。

時間がある日にはじっくりコーデを考えるのも楽しいのですが、「急いで支度しなきゃ!」という日には事前の準備が明暗を分けます。

あなたは、毎日のコーデを時短するためにどんな工夫をしていますか?