そういうこと!? 彼が「プロポーズ」してこない本当の理由TOP3

彼からのプロポーズを、首を長〜くして待っているあなた。準備は万端なのに、彼が求婚をためらっている様子だと、「このまま付き合っていても時間のムダ?」なんて考えすらよぎりますよね。オーネットの「憧れのプロポーズに関する意識調査」を参考に、彼がプロポーズをためらっている本当の理由に迫ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男子がプロポーズをためらう理由トップ3

同調査内で、「もしあなたがプロポーズをためらうことがあるとしたら、その理由は?」と質問をすると、男性の回答トップ3には以下の選択肢が並びました。

3位:経済的な事情・・・8.8%

2位:自分の気持ちに確信が持てない(まだそこまでお相手のことを好きになっていない)・・・37.3%

1位:お相手から断られるのが怖い・・・40.2%

結婚すれば生活にそれなりのお金を要するので金銭的事情で悩んでいたり、あるいは、付き合ってはいるけれど一生の伴侶として確信が持てなかったり……。

プロポーズをしてこない男子には、やはり切実な事情が潜んでいることも少なくなさそうなのです。

教えて!「なんでプロポーズしないの?」

彼女がいるのにプロポーズをしていない筆者の友人男子2名に、“プロポーズをためらう理由”について聞かせて欲しいと申し入れたところ、仮名を条件に承諾してくれました。

(1)だいすけ君(38歳)の場合

「正直、結婚願望はあるけれど、今の彼女と“結婚したいっ!”ってところまでいかない。

嫌いじゃないし、好きなんだけど、“一生コイツと”って心境になってないんだよね。

かと言って、彼女の年齢考えるとそろそろですかね……」(筆者注:だいすけ君の彼女の年齢は30代前半です)

このパターンは、ランキングの2位に該当するケースでしょうか。やはり気持ちが熟していない、そこまで確信が持てないというのは、求婚をためらう理由になりがちなようですね。

(2)たいち君(35歳)の場合

「彼女のこと大好きだし、向こうは結婚したがっているんだけど、ウチの親との相性が悪いので悩んでる。

母親が、彼女のことよく言わないんだよね。結婚したら家族になるわけだし、大丈夫かなぁと思って。

俺が割り切れればいいんだろうけど、そうもいかなくて。結婚に踏み込めない」

このパターンは、ランキングにはなかったものの、言われてみれば切実な状況です。

嫁姑問題があると結婚生活にもヒビが入りがちだけに、悩む気持ちもよくわかりますよね。

求婚しないワケは人それぞれではありますが、ちゃんとお付き合いしていて適齢期を迎えているのに結婚の“け”の字も出ないなら、やはり何らかの事情が潜んでいそうです。

 

以上、彼がプロポーズをしてこない理由をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

経済的不安がありそうなら共働きの申し出をしたり、気持ちが固まっていない様子なら結婚後の生活をイメージングさせるよう働きかけてみたり。1日も早くプロポーズをしてほしい女子は、彼の不安感を拭ってあげるよう意識してみるとよさそうですよ。

 

 

【参考】

憧れのプロポーズに関する意識調査 – オーネット