絶対に言っちゃダメ!彼の愛が冷めてしまうNG台詞10個【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回の記事では、彼氏に嫌われる10種類の発言のうち、まずは5つを紹介しました。【後編】では、残りの5つです。自分がうっかり口にしていないかぜひチェックしてみてください。


■6:「おならしちゃった!」

男性の頭のなかでは、女性はトイレを化粧直しにしか使いません(最悪でもおしっこまで)。

男性自身も、そんなの幻想だってわかっています。でも彼らはその幻想をこわすようなモノ、言葉、においに接したくはないのです。

あなたが「おならしちゃった」と彼に告げたら、彼は幻想を保てなくなります。突然、彼から見てあなたは男のようになり、セクシーだと感じられなくなるのです。「野球を見ながらビールをがぶ飲みするけど、でも私って女の子なのよね~」と言っているようなもの。

もちろん、彼だって現実を受け入れることはできます。笑ってくれることもあるかもしれません。でも、彼にとってそんな出来事は起こらないほうがいいのです。

彼がどれくらい潔癖症かにもよりますが、恥ずかしいことを晒すのは、結婚するまで待つほうがいいでしょう。

 

■7:「やってみなきゃわからないわよ!」

あなたが本当に心の底からそう思っているのでない限り、気休めを言うのはよくありません。

 

■8:「本当に大丈夫?」

彼がガラにもなく無口だと、びっくりしますよね。何が問題なのか知るために、根掘り葉掘り尋ねたくなるものです。ただこういう場合、自分が何かまずいことでもやったんじゃないかと思いがちですが、実はちゃんとした理由なんてないこともあります。

男性だって調子の悪い日があります。不機嫌だったり疲れていたり、あるいは単に話したくない気分だったり。そういうときには、あまり深読みしないほうがいいです。彼が元気になるまで、彼を独りにしておいて、あなたは自分のことに専念すればいいでしょう。

何度も何度も「どうしたの?」なんて尋ねてみたところで、「おまえのせいだ」と言われるのが関の山です。

 

■9:「私、自分の太腿がイヤだわ」

もし彼があなたのことを魅力的だと思っていないなら、そもそも彼はあなたと付き合っていないでしょう。

うじうじしていると自信なさげに見えますが、実は男性は女性のそういうところを見るのがイヤなのです。女性と同様に、男性もまた自信のある人に惹かれ、逆に自信のない人を見ると萎えます。

考えてもみてください。「自分のふくらはぎが嫌い」とか、「俺は負け組だ」とか言ってばかりの男性と付き合いたいとおもいますか? ありえないですよね。

さらに、あなたが自分のコンプレックスを口にすると、彼がそれまで気付かなかった欠点に意識を向けさせることにもなります。あなた以上に、あなたの体をじっくり見る人はいません。おそらくあなたの体に対して最も辛口なのはあなた自身。彼を巻き込んではなりません。

 

■10:「あなたのお母さん嫌い」

母親だけでなく、彼の友人、兄弟、父親、あるいはペットも同様です。

彼が愛する人やモノの悪口を言ってはなりません。彼に関係する人全員と完璧に付き合うことはできないかもしれませんが、彼が本当に気にかけている人とはソツなく関われるように最善の努力をするべきです。

彼がその人たちのことをどう思っているのか、公平な目で見てください。もしかすると、まだあなたには見えていない良いところがあるのかもしれません。

たとえば、彼の旧友にならず者がいたとします。旧友は中学時代からの付き合いで、彼が失業したときにも味方してくれた唯一の人物。この場合、旧友の身なりが悪くても心は錦といえるでしょう。

あなたが彼のことを愛しているのなら、彼の判断を信頼するべきです。

それから「どっちが大事なの?」と彼に選択を強いないでください。あなたと彼の母親だったら、たいていあなたが負けます。

 

以上2回にわたって地雷発言を10種類お届けしました。これらをうっかり口にして後悔しないように、ぜひ禁句として覚えておいてくださいね!

 

【男性に対するNG発言シリーズ】

※ 百年の恋も冷めた…男性の心が離れる「危険な台詞」6つ

※ 「あなたに任せる」や「あなたが決めて」は絶対に禁句!?

※ 結婚したい女性が「絶対に言っちゃいけない」NG発言3つ

※ 男性に嫌われる「傲慢女」がよく使う言葉とその対処法

 

【参考】

※ 10 Things You Should Never Say to Your Boyfriend – Excelle