ベットの上でダイエットするには最低でも「27回」は必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

以前、「やっぱりこれが究極!? 愛のあるセックスで人間は痩せる」の記事では、“誰かからの愛を受け、撫でられたり触られたりしていると、高カロリーのものを食べていても太りにくくなる”ということをお伝えしました。

太りにくくなるということは嬉しい限りですが、もし「あと5キロは落としたい!」とか、「ウエストあとマイナス3センチ!」なんて明確なダイエットの数値目標がある場合、果たしてセックスはどれくらい有効なのでしょうか。

セックスとダイエットに関する興味深い調査結果が、心理学者である内藤誼人さんの著書、『一瞬で好かれる心理術』のなかにありましたので、ご紹介します。

アメリカで、「オーガズム(快感)があれば、性欲も食欲も減らせるんじゃないか」という仮説が検証されたことがありました。でも、独自の公式のもとに試算したところ、数キロの体重を落とすためには、27回行う必要があるというのです。

なんと、これは驚く数値です。実際に数キロ体重を落とすためには、27回もセックスを行わなければいけないのです。よっぽど若くて元気でも、27回というのはさすがにハードな数値なのではないでしょうか……。

 

というわけで、明確な目標体重や、なりたいスタイルのビジョンがあるならば、ジョギングや水泳をやったほうが数字には表れやすい、ということですね。

というか、27回のセックスと比べたらジョギングや水泳の方が楽な気さえしてきませんか?

もちろん精神的な安定はダイエットに必要な要素ですので、恋人との愛に溢れたセックスで、相乗効果は期待できるでしょう。

 

ただ、痩せたいからって恋人にセックスを無理強いするのはやめましょう。「27回すれば目標体重に近づけるんだ!」なんて下心を持って挑むと、相手を萎えさせてしまうことも……。

これについて内藤氏も、

「ねぇ、ダイエットしたいからさぁ、ちょっとエッチしようよ」なんて言われて、興奮する男なんているんでしょうか?

「はい、ノルマはあと10回ね」なんて求められると、たいていの男は、思いっきり冷めてしまうように思えるのですが、最近の若者は逆に興奮したりするのかな?

と、述べています。くれぐれも、セックスの一番の目的をダイエットにしてしまって、ふたりの関係を壊してしまわないように注意しましょう。

 

【参考】

内藤誼人(2010)『一瞬で好かれる心理術』 大和書房