超危険!絶対に別れた方がいい「モラハラ男」の兆候10個【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回の記事では、モラハラの10の兆候のうち、まずは5つを挙げました。今回は残りの5つです。自分たちの関係に当てはまらないか、ぜひチェックしてみてください。

 

 

■6:「一体どこに行っていたんだ!?」と追及する

前編の“1:あなたを孤立させる”でも述べましたが、モラハラ男はとにかくあなたを独占したがります。

あなたが独りでどこかに出かけたり、行動したりした場合。もしくは、彼と一緒だけれど、別の人も同行した場合、モラハラ男はあとであなたを責めたてるのです。

かなきり声をあげる。侮蔑的な言葉を投げかける。脅かす。あるいはもっとひどい行為に及ぶことも……。とにかくあなたとふたりきりの世界を築かなければ気がすみません。

 

 

■7:召使いのように仕えることを求める

モラハラ男は、自分が王様であなたが召使いだと思っています。つまり、あなたには何でもやらせるくせに、自分は絶対に手を貸そうとしません。

 

 

■8:異常なまでに嫉妬深い

モラハラ男の顕著な特徴として嫉妬深いことが挙げられます。

あなたを含む周りの人々、あなたの夢や目標にまで嫉妬することも珍しくありません。

なぜ彼があなたの夢や目標といった無形のものにまで嫉妬や怒りを覚えるのかというと、あなたの人生を自分がコントロールできないと思うからです。

 

 

■9:感情に訴えかけて支配しようとする

モラハラ男は、あなたが自分の考えに従わなければ、すねたり、「別れるぞ」と脅したり、ムキになって非難したりします。つまり、あなたが自分の意志を働かせたり、正論を述べようとしたりするたびに罪悪感を感じるように仕向けるのです。

あなたが「もう懲り懲り!」と宣言すると、謝罪したりしおらしくなったりすることもあります。「心を入れ替えるよ!」などと泣き叫ぶこともあるでしょう。

でも、彼の“反省”は長く続きません。モラハラ男は、あなたが戻ってきたことを確信するや、また虐待を始めるのです。

 

 

■10:身体的暴力にまで及ぶ

モラハラ行為が肉体的な暴力にまで発展するのはよくあること。

まずは髪を引っ張ったり、突き飛ばしたり、傷がつくほどあなたの手をつかんだりすることから。こんなのは序の口で、どんどんエスカレートします。

彼がプツンといって暴力的な行為(モノを壊す、壁を殴る、誰かと激しく口論するなど)に及ぶのをもし見たことがあるのならば、彼の攻撃があなたの身体に及ぶのも時間の問題です。

 

以上、2回にわたってモラハラチェックリストをお届けしましたがいかがでしたか?

原文筆者は、記事の最後に

「男性も女性もモラハラ加害者になりえる」

と述べています。つまり、ここまでは“加害者=彼、被害者=あなた”という構図で説明してきましたが、逆に“加害者=あなた、被害者=彼”というのも成り立つのです。

10個の兆候のうち、彼であれあなた自身であれ、ひとつでも当てはまるものがあれば、どうかこの機会にふたりの関係について考え直してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

優しいのは今だけ?モラハラ男を見分ける7つのポイント

彼の言葉で涙目、なあなたに読んでほしい「モラハラ対策法」

最悪な上司のモラハラをスマートにやりすごす方法8つ【前編】

最悪な上司のモラハラをスマートにやりすごす方法8つ【後編】

 

【参考】

※ 10 Signs You May Be in an Emotionally Abusive Relationship – Schizophrenia

【画像】

by:Kyle Cassidy