「非モテ女子」にありがちな話し方7パターン【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

私より可愛くない女友達には常に男性の影があるのに、なぜ私の周りにはまったく男性が寄ってこないの? 特に自分が好意を寄せている男性にはさっぱり好かれない。なぜなんだろう?

そんな悩みを持っている非モテ女子のみなさん! あなたはどんな話し方をしていますか? もしかして、男性を敬遠させる話し方をしていませんか?

今回は、詩人で会話クラスの講師も務める八坂裕子氏の著書『頭のいい女 悪い女の話し方』を参考に男性を遠ざけてしまう話し方の特徴7パターンを紹介していきたいと思います。自分の話し方が当てはまっていないかチェックしてみてください。

 

■1. アプローチしすぎ

まず、「私って、こう見えて案外○○なんですよ」なんて、自分を売り込みすぎる話し方は男性に引かれてしまうとのこと。ちなみに、○○には“家庭的”、“料理が上手”、“さみしがり屋”などという言葉が入ります。

八坂氏は「アプローチしすぎる女の話し方は、先を急いでいるので押しつけがましい。一方通行的に自分自身を営業しようとするきらいがあり、ほとんどの場合、相手に“うるさくてイヤな女”という印象を残す」と述べています。

一見遠まわしなアプローチに見えますが、「私って、こう見えて案外家庭的なんですよ」の後には「だから彼女にぴったりでしょ?」、「私って、こう見えて案外さみしがり屋なんですよ」の後には「だから彼氏が欲しいの」という言葉が隠れていることくらい、鈍感な男性でもわかりますよね。

 

■2. 親しさを出そうと馴れ馴れしく相手をちゃかす

次に、「あなたって、甘えたことろがあるのよね。もしかして、マザコン?」なんて、特別な関係性もないのに馴れ馴れしくちゃかすような話し方をするのはNG。

八坂氏は著書で「こころのヌードを見せ合った関係でもないのに、打ちとけすぎるのは、蚊と同じく不作法だ」と述べています。

これは、男女間のコミュニケーションに限ったことではありません。相手との距離感を間違えたコミュニケーションはどんな相手であろうと困惑させてしまいますし、不快感を与えてしまうこともあります。

 

■3. 警戒心を強く持ちすぎる

そして、「さぁ、どうなんでしょうね」と受け答えたり、「私って、そういうことあんまり詳しくないし……」などと予防線を張ったりする、警戒心の強い受け答えはNGなのだとか。理由については、「警戒心が強い女の話し方は、肩に力が入り、言葉がぼやける。ハッキリと言い切ることを避けて話すので、意見や意識がないような印象を受ける」からとのこと。

何を考えているのかわからない、面白みのない女と思われてしまうのですね。

 

以上、前編では7パターンのうち3パターンまで紹介してきました。なかなか男性と交際するに至らないという人は、ここまでのどれかに当てはまるかもしれませんね。

後編では、交際にはこぎつけたものの、長く続かない人にありがちなパターンも紹介していきます。

 

【非モテ女子の特徴】

これはヤバイ…モテない女の悲惨すぎる生態10パターン【前編】

これはヤバイ…モテない女の悲惨すぎる生態10パターン【後編】

非モテ女子が今年モテるためにやるべきたった1つのこと

 

【参考】

※ 八坂裕子(2005)『頭のいい女 悪い女の話し方』 PHP研究所