> > 今すぐ使える!キス上手になるためのテクニック10個【後編】

おすすめ記事一覧

今すぐ使える!キス上手になるためのテクニック10個【後編】

2012/03/20 19:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

キス上手になるためのテクニックの基礎編としまして、前回キスしたくなる唇作りのテクニックについてお伝えしました。

今回は応用編として、米国のニュースサイト『my daily moment』より、実践で使えるキスのテクニック6つをご紹介したいと思います。

 

■5: 目的に応じて、キスを使い分ける

目的によって、キスの表現もずいぶん変わります。

ちゅっとするソフトな愛情表現のキス、恋愛感情を盛り上げる情熱的なキス、そして前戯としてのディープキスなど、その目的に応じてキスも使いわけましょう。

 

■6: 冷たい食べ物や直前の歯磨きは避ける

あなたのパートナーは、キスであなたをより感じたいと思っています。あなたのあたたかな体温を伝えるために、冷たい口でキスするのはNGなのです。

キスする前には、アイスクリームなどの冷たい食べ物は避け、体温に戻しておき、スムーズにキスできる準備をしておきましょう。

歯磨きしてすぐのキスもいけません。あなたのパートナーは、あなたの歯磨き粉やあなたの食べた物を味わいたいのではなく、“あなた自身”を味わいたいと思っているのです。

ただし、前編にもあったとおり、お口の臭い対策には気をつけてくださいね。

 

■7: キスをしながら体に触れる

キスは口だけでするものではなく、全身でするものです。

キスをしながら、彼のあごや首、髪に手を触れたり、背中に手を置いたりすることで、より親密性を深め、次のステップに向けて気持ちを盛り上げていくこともできます。

 

■8: ソフトに始め、ゆっくりディープにしていく

たとえ情熱的なキスであっても、やわらかいキスから始めることが大事です。

「私はあなたを信頼していますよ」という思いを伝えながらソフトに優しくはじめ、徐々に舌使いもディープにしていくようにします。

あせっていきなり奥まで舌を入れてはいけません。ゆっくりと舌の先端で相手の口の中を探りながら、相手とのリズムを合わせていくことが大事です。

盛り上がってきたら、唇を使って相手の下唇を優しく噛むなど、アレンジを入れるのもいいですね。

 

■9: どんなキスが好きなのか、パートナーに伝える

パートナーとのキスの実践を通し、テクニックを磨く一方で、キスの好き嫌いが出てくることもあります。

どうしてもあのキスは苦手、という時は無理をせずに、パートナーにどんなキスが苦手なのか、もしくはどんなキスが好きでやりたいのかを伝えましょう。

 

■10: 身も心も完全に身をゆだね、リラックスしてキスを堪能する

キスは双方向の営みであり、パートナーとの信頼関係も大きく満足度に影響します。

最終的には、パートナーに全てを捧げる気持ちで心身をゆだね、リラックスし、自分を解放することで、素晴らしいキスを手に入れることができるでしょう。

 

いかがでしたか?

パートナーがいる人も、いない人も、ステキなキスを引き寄せるキス上手を目指して、第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

【キスに関する記事】

これでマンネリも解消?試してみたいキスの方法10個

信じられないことにイギリスで「男同士のキス」が大流行

感染症の専門家「ホワイトデーのキスは病気になる」と警告

なんと「キスの激しい男は結婚すると横暴になる」と判明

 

【参考】

Pucker Up: Tips on How to Be a Great Kisser – My daily moment

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'高木こあら'の過去記事一覧