おすすめ記事一覧

女の過剰な「痴漢対策」に批判的な男の本音5パターン【前編】

2012/03/24 17:00  by   | 男研究

夜道に、電車に……、あらゆるところに性犯罪の危険性が潜んでいます。これは言いすぎでしょうか? しかし、現実として、多くの女性がその危険性を感じているはずです。そして、「自分の身は自分で守らなきゃ!」と思っているでしょうし、実際にその通りだと思います。

でも、一方で、女性が警戒しすぎて、「俺は何もしてないのに、疑われている?」なんて、男性の気分を害しているという事実もあります。勘違いから“痴漢冤罪”なんてことも起きているのです。

今回は、実際に、女性の痴漢対策について男性はどう感じているのかということを、5パターンに分けて見ていきたいと思います。

 

■1:夜道にて

「昨日の夜、ジョギングしてて歩いてた女をぬこうとしたらいきなりキャーとか言われて

その時はショックなだけだったんだが、そのあと警察が来て通報があったのでとかwwwww

 

おいwwwwwwwww

 

おい…

ジョギングしてただけで通報とか(´;ω;`)」

夜道で男性が後ろを歩いていると、無条件で警戒しますよね。足早に歩いてみたり、逃げ道を探してみたり……。通報はやりすぎだと思いますが、気持ちは十分にわかります。だって、本当に怖いですから。

もちろん、男性も“足早になる”という女性の警戒心に気が付いているわけで、どうすれば疑われなくて済むかに神経を使っている人もいるようです。

「微妙に遅いから抜き去りたいけど徒歩で間を詰めるにはやや時間を要する距離のある

前方を歩いている女をどうやって抜き去れば良いか

早足で徐々に近付くと絶対恐怖心しか与えないし

かといってずっと相手の徒歩に合わせて歩くのも何かストーキングみたいで嫌だし

突然ダッシュするのも変だし」

 

■2:電車にて

「痴漢に関して女は自意識過剰じゃないのか?

 

最近、痴漢冤罪なるものがはやっとります。

女性は守ってもらって当然とか思っている、アホ女どものせいで、罪もない男達が犠牲となっています。

善良な男達はおちおち満員電車にも乗れません。

こっちにはその気がなくても、向こうの勝手な思い込みで痴漢とみなされてしまいます。

自意識過剰なんじゃないかと思います。

そんなに触られるのが嫌なら、女性専用車輛に乗りゃいいのに。

そもそも、ちょっと触れたぐらいでがたがた言うほうがおかしいのだよ。

ほんまにわけが分かりません。

 

皆さんはどう思いますか?」

満員電車にいながら、「体に触れるな」ということは無理な話です。それに、痴漢冤罪は、男性の社会的な地位を一気に失墜させるだけの破壊力がありますからね。

でも、そんな身動きの取れない状態を利用して、痴漢をしてくる不届きな男性がいることも事実です。

男性全員が悪いわけではないのですが、疑わしい人だと感じたら、“触るなオーラ”を醸し出して警戒しておくに越したことはありませんから。

勝手に“疑わしい人”扱いされたら、嫌だとは思いますが……。

 

まずは、よくあるシーンに対するコメントをふたつ紹介してきました。警戒する女性の言い分はよくわかりますが、男性の言い分も理解できますね。

では、続きは【後編】で!

 

【知っておきたい男女の違い】

男と女はやはり違う生き物だった!驚くべき「性格の違い」

実は誤解だらけ?男女差に関する7つの通説を科学で検証【前編】

実は誤解だらけ?男女差に関する7つの通説を科学で検証【後編】

男は皆ウルトラマン!? 不幸になりがちな「思考」の男女差

 

【参考】

※ ハムスター速報-走ってただけで通報されたんだが

夜道を歩いてるOLに逃げられた

自意識過剰女は、警戒心ありすぎ

Yahoo!知恵袋-痴漢に関して女は自意識過剰じゃないのか?

後ろに男性が歩いてると「つけられてる」と思う自意識過剰女

短いスカート履いて階段ケツ隠して上がる女って何?

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小野陽'の過去記事一覧