おすすめ記事一覧

女が男心を理解するため「絶対に読むべき漫画」ベスト10【前編】

2012/03/30 13:00  by   | 男研究

春と言えば、飲み会の増える季節。「ごめん。今夜も付き合いがあるんだ」なんて彼の台詞に、「男同士の付き合いって一体何なのよ!」と声を荒げた経験はありませんか?

女性にとってはなかなか理解しきれない、男性同士の付き合い……。女性としても、できるのであれば、理解してあげたいですよね!

言葉で話し合ってもついつい喧嘩になってしまうこの話題。彼の知らぬ間に“理解のある女性”を目指して、是非男性向け漫画を読んでみてはいかがでしょうか?

男性がどんなものを好んで読み、どんなことに心動かされているのか……。

今日はそんな悩みを抱えた女性たちに向け、国内最大級の電子書店・eBookJapanさんに“この春女性におすすめの男性向け漫画”を10個、伺ってきました。

男心を知るために有効な手段は漫画! 気になる作品を見つけて、まずは一度読んでみては?

 

■1 :『宇宙兄弟』(小山宙哉/講談社)

2012年4月よりアニメ放映が開始! また、5月に映画の公開も決まっている『宇宙兄弟』、ちゃんとチェックしていますか? 幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。

2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となったが、兄は無職という悲しい現実。弟からの1通のメールで、再び宇宙を目指しはじめた兄・六太を見て、忘れかけていた夢を思い出した男性たちから大人気のコミックです。

 

■2:『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

2013年映画化が予定されている『進撃の巨人』。舞台となるのは、巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた……。

絶望的な状況の中、最後の力を振り絞って立ち上がった人類に、「生きるとは何か」考えさせられる一作となっています。

 

■3:『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ/エンターブレイン)

マンガ大賞2010で大賞を受賞! また、手塚治虫文化賞短編賞も受賞し、4月に映画化も決定している『テルマエ・ロマエ』。すでに、名前をご存知の方も多いのでは?

古代ローマの男が、現代日本の風呂へタイムスリップ……。現代日本と古代ローマを往来できる体質になってしまった風呂設計技師の好漢・ルシウスの時空を越えた大活躍が、世の男性たちの冒険心に火をつけているようです。

 

■4:『鬼灯の冷徹』(江口夏実/講談社)

全国書店員が選んだおすすめコミックとして2012年第1位に輝いた話題作。広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす閻魔大王第一補佐官の鬼灯(ほおずき)。

人にとっての地獄、それは鬼にとっての日常。思わず笑ってしまう地獄DAYSが人気の秘密! 「どんな世界にも社会があるのだから、俺も頑張ろう」と、明日へのパワーをもらえます。

 

■5:『ましろのおと』(羅川真里茂/講談社)

このマンガがすごい! 2012で第3位に輝いた注目作。津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪。

師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失いながらも、様々な人と出逢い成長していく雪の姿に、背中押される男性も多いではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

架空のお話だけど、どこか自分の社会と似ている……。そんな作品に注目する男性が多いようですね! 続く【後編】では、残りの5作品をご紹介します。お楽しみに!

 

【男心の秘密シリーズ】

男心がまるわかり? 知っておきたい男性脳の不思議10個【前編】

男心がまるわかり? 知っておきたい男性脳の不思議10個【後編】

決めつけは危険!女が勘違いしている本当の「男心」10個【前編】

決めつけは危険!女が勘違いしている本当の「男心」10個【後編】

 

【参考】

国内最大級の電子書店 – eBookJapan

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'渡辺ゆきち'の過去記事一覧