恋愛相談師に聞いた!苦手な人をうまく避ける方法3つ【会社編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

生活を営む中で、避けることの出来ない人間関係がどうしても生まれてきます。仕事もプライベートも、自分の好きな人、気の合う人だけで構成されていれば世の中は成立しません。

そこで、4万件を超える恋愛相談実績をお持ちであり、数々の恋愛指南書を執筆する、恋愛心理学のプロフェッショナル、マーチン先生にお伺いしました。

今回は、自分がやらなければいけないこと、大切にしたいことを効率よくさせるために、苦手な人にうまく避ける方法を男女に特化して、【会社編】として3つご紹介します。

 

■1:苦手な人、気の合わない人と、仲良くしようとしない

確かに、これ以上はない解決法ですね。

当然のことではあるのですが、嫌われると後がややこしいのではないか、仕事に差し支えるのではないか、などと考えてしまったりするものです。

または、人を嫌う自分がいけないと、相手の良いところを見ようと努力しすぎて疲れてしまっている真面目な人も多いでしょう。

しかし、マーチン先生は、「苦手な人とうまくやろうとすると、自分自身非常にストレスがたまりますし、その割に大した成果も得られません」と、仰っています。

仕事でも何にでも言えますが、嫌々なことには大した成果が出ないのです。苦手な人と無理に仲良くしようとするのは、とても効率の悪い作業だということです。

 

■2:好きな人や、気の合う人にパワーを使う

仕事関係と恋愛関係が、上手く両立出来ない原因がここにあります。効率の悪い作業に、力を使い果たしているからです。

「例えば、10の力を気の合わない人に使った場合、得られる成果は、せいぜい2か3くらいでしょう。しかし、気が合う人の場合は、10、20、場合によっては100の成果になることがあります」と先生は解説します。

このように行動すると、毎日がもっと豊かになるのではないでしょうか。

 

■3:人間関係の上で、必要な分だけ接する、と割り切る

割り切り、これに尽きます。必要以上のことをしないように努めるのです。

愛想良くしようとか、気まずくならないようにと、余計なことを考えるから、余計な接触も増えることとなって、その負担が自分に降りかかってくるのです。

「どうでもいい人なのですから、どうでもいいのです(苦笑)

だからといって、悪意を持って粗雑にするわけではありません。必要以上のことをしない、というのは、そういうことなのです」と先生は締めくくっています。

 

いかがでしたか?

人間関係でお悩みの方は、ぜひ勇気を持ってこのように行動してみてください。違った未来が見えてくるかもしれませんよ。

続いて次回は、苦手な人にうまく避ける方法【プライベート編】を3つご紹介します。

 

【関連記事】

しつこい男から嫌われたい人のための禁断テク3つ

男性に嫌われる「傲慢女」がよく使う言葉とその対処法

心理学で解明!女が高価な贈り物をすると嫌われる理由

肉食女子は必見!焼肉デートで嫌われる4パターン

 

【参考】

マーチン先生の恋愛教室サイト

※ マーチン先生の恋愛教室ブログ

マーチン(2009)『30歳からもう一度モテる!大人の恋愛成功法則』 ディーエイチシー

マーチン(2009)『“相手の気持ちを離さない”秘密の恋愛ルール』 大和書房