> > 危険!喫煙があなたの外見を徐々に醜くするリスク15個【2/3】

おすすめ記事一覧

危険!喫煙があなたの外見を徐々に醜くするリスク15個【2/3】

2012/04/01 19:00  by   | 自分磨き

前回の記事では、喫煙が外見に与えるリスクをまずは5つ紹介しました。それでは引き続き5つのリスクを見ていきましょう。

今回は、6:抜け毛、7:目立つ傷跡、8:歯の欠落、9:肌ツヤの悪さ、10:消えない手術創の5点です。

 

■6:抜け毛

喫煙は、髪にとっても有害です。タバコに含まれる有害物質は毛髪内のDNAを傷つけるだけでなく、細胞にダメージを与えるフリーラジカルという物質まで作り出してしまうのです。

その結果どうなるか? 喫煙者は抜け毛が多く、白髪が増えやすい傾向があります。

2007年に台湾で行われた研究によれば、加齢や遺伝といった薄毛のリスクを高める要素を考慮にいれても、喫煙者は非喫煙者の2倍も抜け毛のリスクが高いそうです。

 

■7:目立つ傷跡

ニコチンは血管収縮を引き起こします。つまり、血管が狭くなって、全身の毛細血管に酸素が行きわたりにくくなるのです。

その結果、喫煙者は非喫煙者よりも傷のなおりが遅く、また傷跡が大きく赤く目立ちやすくなります。

 

■8:歯の欠落

喫煙は、口腔癌や歯周病など、口のなかで起こるあらゆる問題のリスクを高めます。

英国の臨床歯周病学会で2005年に発表された研究によれば、喫煙者は非喫煙者より6倍も歯周病になりやすく、その結果、歯も抜けやすいのだそうです。

喫煙者は、よほど歯科医の椅子に座っているのが好きなのでしょう。

 

■9:肌ツヤの悪さ

喫煙者を見て「肌がくすんでいるなぁ」と思ったことはありませんか? 決して気のせいではありません。

1985年調査で、喫煙者の肌にはいくつかの特徴があることが明らかになっています。シワ、肌のやつれ、血色の悪さなどです。

タバコの煙に含まれる一酸化炭素やニコチンによって、皮膚の酸素が減少し、血のめぐりも悪くなるので、肌が乾燥して血色の悪い状態がもたらされます。

さらに、喫煙によって、ビタミンCなどの栄養分が不足してしまうのです。ビタミンCは肌を保護し、ダメージを修復するはたらきがあります。

 

■10:消えない手術創

喫煙者は、フェイスリフト、抜歯などの手術後の回復具合がよくないことが複数の研究で明らかになっています。

前回の記事で、喫煙者はシワができやすいことをお伝えしました。シワができても、除去手術をすれば大丈夫? ところが、喫煙者は手術創(縫合の傷)が、非喫煙者よりも消えにくいのです。

また、美容外科医のなかには、患者が喫煙の習慣をやめなければシワとり手術を拒否する人もいるかもしれません。

 

今回も、喫煙が外見に与えるリスクを5つお届けしましたがいかがでしたか? 次回は、残りの5つを紹介します。

 

【関連記事】

危険!喫煙があなたの外見を徐々に醜くするリスク15個【1/3】

危険!喫煙があなたの外見を徐々に醜くするリスク15個【2/3】

危険!喫煙があなたの外見を徐々に醜くするリスク15個【3/3】

 

【参考】

How Smoking Ruins Your Looks – Health.com

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧