実は外見じゃない!女子アナがモテる本当の理由が判明【1/3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男性にモテる職業ナンバーワンといえば、ずばり“女子アナ”ではないでしょうか?

単に、チヤホヤされるというだけでなく、女子アナといえば、野球選手をはじめとする一流アスリートや会社経営者などのセレブとゴールインすることも少なくありません。

つまり、“お嫁さんにしたい”候補としては、女子アナはアイドルや女優よりも、男性のなかでのステータスが高いといえるでしょう。

いったいなぜ女子アナはこれほどモテるのか? たしかに、ルックスのよさも理由のひとつには挙げられるでしょう。

しかし、それだけでは、女子アナがアイドルや女優よりもステータスが高いことの説明がつきません。純粋にルックスだけが評価されるのであれば、たとえばモデルやグラビアアイドルがもっとモテてもいいはずです。

実は、女子アナが愛されるのは、ルックスのためではありません。

元アナウンサーのベストセラー作家・石井貴士さんの著書『カレデキ』に、女子アナがモテる本当の理由が紹介されていました。

3回にわたって、女子アナ人気の秘密を徹底的に解明していきますので、あなたもぜひ女子アナ流・愛され術を身に付けましょう!

今回はまず女子アナがモテる本当の理由のひとつ目として、“女子アナは相手を目立たせるからモテる!”という点についてお届けします。

 

■1:女子アナは相手を目立たせるからモテる!

女子アナがモテる理由のひとつ目として、石井さんは

「自分が目立つのではなく、相手を目立たせるから、モテる!」

と主張しています。

「え、女子アナって目立ちたがりやじゃないの!?」と思うかもしれませんね。たしかに、女子アナといえば、いまやタレント顔負けの注目度の職業ですから、“女子アナ=目立ちたがり”というイメージがあるのも無理はありません。

ところが、女子アナとタレントとでは、テレビで活躍しているという共通点はあるものの、仕事内容に根本的な違いがあるのです。

「“タレントは話し役”、“女子アナは聞き役”なのです。

一見すると女子アナは話をしているように見えるかもしれません。しかし実は、自分の意見は一切話していないのです。

(中略)

そう。実は、女子アナというのは、他の人を引き立たせることによって、自分を目立たせるという職業なのです」

女子アナといえば、バラエティー番組の進行役を務めることも多いですが、そのときの振る舞いを観察してみましょう。

自分の個性を押し出す……というより、常に聞き役・盛り上げ役に徹していませんか? また、出演者がイケメン俳優であれ、三枚目お笑い芸人であれ、あるいは気難しげな大御所であれ、どんな出演者とも呼吸を合わせて、その魅力を引き出そうとしていますよね。

このような女子アナの特性をふまえて、石井さんは男性にモテるための秘訣として、以下のことをお勧めしています。

「相手の男性の話を聞いて、彼の良さを引き出してあげることで、“この女性と一緒にいたいな”と男性に思わせるのが、女子アナ流のモテるコツです。

(中略)

あなたは、“私が! 私が!”と自分の意見を相手の男性に押し付けていませんか?

そうではなく、相手の男性のいいところを認めてあげる女性がモテるのです」

たとえば、合コンなどで、自分が目立つことばかりを考えていませんか? あるいは、「今日はすごく会話が盛り上がってイイカンジ!」と思っているのは本人のみで、相手はあなたのマシンガントークに辟易しているかもしれません。

女子アナ流に、相手のトークを「うんうん」と肯定的に受け止めることに徹し、相手に気持ちよくしゃべらせるほうが、よほどいい印象を残すことができますよ!

 

まずは、女子アナがモテる本当の理由のひとつ目をお届けしましたが、いかがでしたか? 次回は引き続き、ふたつ目の理由について紹介します。

 

【女子アナがモテる本当の理由】

実は外見じゃない!女子アナがモテる本当の理由が判明【1/3】

実は外見じゃない!女子アナがモテる本当の理由が判明【2/3】

実は外見じゃない!女子アナがモテる本当の理由が判明【3/3】

 

【参考】

石井貴士(2005)『カレデキ』 PHP研究所

【写真】

画像提供:ペイレスイメージズ