これだけはNG!男が死ぬほど嫌がる「女の余計な一言」6つ【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

つい余計な一言を口走ってしまったがために、パートナーを怒らせてしまった経験はありませんか。

自由に、オープンに何でも話し合いたい。ふたりの関係が深まるほどそう思うのが自然ですよね。しかし、“親しき仲にも礼儀あり”という言葉があるように、あなたにも相手にも絶対に言われたくない言葉があります。

今回はアメリカの女性サイト『MadameNoire』より、男性が敬遠する“女性の余計な一言”6つをピックアップします。

 

■1:「あなたのお母さんは……」

親の悪口を他人から言われるのは誰だって嫌なもの。仮にそれが事実だったとしても聞きたくはないですよね。

あなたから自分の家族を悪く言われ、見下されていると感じたら、彼は傷ついたり怒ったりするだけではなく、この先もあなたとやっていけるかどうかを考え始めます。

パートナーの母親に対する不平不満を口にすることは、彼と彼の母親との距離を縮めることはあっても、あなたとの距離を縮めることはありません。

彼の母親に対する悪口は、出来る限り心の中に留めておきましょう。

 

■2:「元彼とそっくり! あなたも元彼みたい……」

今の彼と昔の彼を比較することは、親の悪口を言うよりもさらに悪いです。

過去・現在・未来関係なく、自分の彼女が他の男性と一緒にいるところを想像することが楽しい男性はいません。しかも、その相手があなたと交際歴のある男性だとしたら尚更です。

彼と他の男性を比較しても問題のない言葉があるとするなら、「これまで出会ったどんな男性より、あなたが一番素敵よ」と、この一言に尽きます。

 

3:「男らしくなってよ」

男性の自信を失わせる言葉の代表格。男性の“男らしさ”を厳しく批評すればするほど、あなたの結婚は遠のくことになるでしょう。彼が心身ともに“草食系”であるならなおさらです。

もし今の彼が頼りなく感じるなら、むやみやたらに批判して余計に自信を失わせるより、やる気を起こさせたり、元気づけたりする方法を見つけるようにしましょう。責めてしまっては逆効果です。

 

いかがでしたか? 【後編】では残りの3つをお伝えします。

 

【NG発言シリーズ】

男のプライドが傷つく「絶対に言ってはいけない言葉」10個

絶対に言っちゃダメ!彼の愛が冷めてしまうNG台詞10個【前編】

絶対に言っちゃダメ!彼の愛が冷めてしまうNG台詞10個【後編】

彼氏を注意するとき絶対に言ってはいけない10のフレーズ

 

【参考】

Watch Your Mouth! Things You Should Never Say To Your Man