男が女の生理について「わからないこと」ベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

最近、女性のイラストレーターさんが生理痛の症状を解説する「男性諸君に生理痛の辛さを知ってほしい」というイラストがネットで話題になりました。

“針”や“アメフトのタックル”などの痛々しい表現で、 男性にはわかりにくい女性の生理が、思わず身をよじるほどにわかりやすく解説されています。このイラストを見て女性の苦労をしのんだ男性も多かったのではないでしょうか。

しかし、ここで疑問が生まれます。実際に男性はどのくらい女性の生理がわからないのでしょうか。

ここに、四日市看護医療大学看護学部の石川康代らが、男子大学生と既婚男性あわせて170人の“月経に関する知識”を調査した研究結果があります。

今回は、その調査結果から、男性が女性の生理について「わからない」と回答したことを5つ、下位からランキング形式で紹介していきます。

ちなみに、このアンケートの選択肢は、月経周辺期の女性6〜9割弱に見られる症状です。あてはまるものがあるか、チェックしてみるのもいいかも!?

 

■5位:月経の時は気分が高揚する(男性の“わからない”率41.8%)

“イライラしたり怒りやすくなる”ことは知っていても、生理前の女性がハイになることがあるのを知らない男性は多いようです。これは、気分の浮き沈みが激しいと言いかえるとわかりやすいでしょう。

 

■4位:月経の時は食べ過ぎたり飲み過ぎたりする(男性の“わからない”率44.1%)

“生理前は食欲が増し体重が増える”というのはよく聞く話ですが、そのメカニズムが医学で完全に解明されているわけではありません。ホルモンが関係する仮説は多くありますが、さらなる研究を待ちましょう。

 

■3位:下腹部の保温は月経痛を軽くする(男性の“わからない”率45.3%)

月経痛は子宮筋が収縮し、血流が低下することによって起きるので、下腹部を保温して血行をよくすることで症状が軽くなります。保温性の高い下着や、自宅なら入浴も有効です。

 

■2位:月経痛にはストレッチングやツボ刺激がよい(男性の“わからない”率48.8%)

前述のとおり、月経痛の原因は子宮筋の収縮と血流の低下ですから、ストレッチやツボ押しもやはり有効です。実践してるかた、効果のほどはいかがでしょうか?

 

■1位:月経の時には整理整頓をしたくなる(男性の“わからない”率50.6%)

半数以上の男性が“わからな”かったのは、生理前の女性のこの症状でした。恥ずかしながら僕も知りませんでしたが、“生理前だけ無性に片付けがしたくなる”という女性、結構いらっしゃるみたいですね。

 

いかがでしたか? ここまで、男性がわからない女性の生理について、5つの具体例を紹介しました。

ちなみに、この調査によると、男性が「わからない」と答えたことは、女性が男性に“知ってほしいこと”と見事に対応していたようです。

また、既婚男性であっても、月経について妻と話すことがあるのはたったの25%でした。約80%の男性は、月経についての知識が中高生の保健体育の授業でストップしていることも判明しています。

女性の生理をめぐってお互いに不満を募らせる前に、パートナーとゆっくり語り合う時間を設ければ、不要なトラブルは避けられるかも知れませんね。

 

【関連記事】

生理前のイライラ原因が解明されて治療可能になると判明

これぞ最強のコツ?女の生理による喧嘩を防ぐ方法3つ

ビックリ!あなたの彼にもアノ「生理」が来てしまう!?

これも愛ゆえ…!? 彼女の生理周期を知りたい男性が90%もいることが判明

 

【参考】

※ 石川康代ら(2011)『男性のもつ月経観と月経に関する知識の現状 ―男子大学生および既婚男性への調査―』 母性衛生・第52巻2号

※ 松本清一(2006)『月経と痛み』 文光堂

※ 医療情報科学研究所(2011)『病気がみえる vol.9』 メディックメディア